といっても、まだ2才と4才。もらうばっかりの彼らが、母親の提案に乗っかって作った、そんなプレゼントです。確かに、トッピングには2人の気持ちがちりばめてありました。ちょっとはみ出し気味にも……。私とオットに1つずつ。たっぷりお腹がいっぱいになるチーズケーキでした。

あげる相手を思いながら作る、やっぱりプレゼントは手作りが最高です。と思うのは、自分がもうそれほど欲しいモノのない年になったからで、若い時は、アレもコレも買って欲しい!と切に願ったものです、ハイ。

私たちから孫たちへのプレゼントは、丸っきりの寄せ集め。使い道がなくてほったらかされていた未使用のホワイトボードと、いつの間にか集まっていたおもちゃのアクセサリー。本当に地味な、手もお金もかけないプレゼントだったけれど、ホワイトボードはものすごく喜ばれて、多分当分活躍するでしょう。プレゼントらしくない品だけど、ちょっと私達らしい気もする。

おすすめの記事