病院食の紹介と幸せの話

病院ネタの最終回は、病院食のお話。

スポンサーリンク

病院食はありがたい!

病院食はイマイチというのが大方の印象と思います。
が、弱った体にやさしく栄養を届けるためのスタイルなんだ!とベッドの上で大いに納得しました。

地味で奥ゆかしい病院の食事を、私は毎回、美味しく完食しました。
お膳を運ぶカートの音が聞こえると、1人ニッコリ笑ってしまうくらい、待ち遠しかったです。

私の場合は、術後翌日から5分粥が3回、続いて全粥が3回のあと、普通食になりました。
性別・年齢を考慮したカロリーという事で1600kcal。

どの料理もパンチ不足だけれど、その時の私の状態にマッチしていたと思います。
全然物足りなさを感じなかったですから……。

野菜たっぷりで薄味、良く噛んで大事に食べる(する事がないので、惜しみなく口を動かしました。
否、惜しみつつかな?)…、何だか食事の基本に立ち返ったような気がしました。

10日の入院中に食べた病院食

病院食病院食病院食病院食病院食病院食病院食病院食病院食病院食病院食病院食病院食病院食病院食病院食病院食


入院中も病院食を食べない方が…

「病院食なんか食べられない」と、ついに1度も病院から出される食事に手を付けないお年寄りの患者もいました。

家族が運ぶ一流店のお寿司などを食しているとご本人から聞いた時、私はものすごく寂しい気持ちになってしまったのでした。

話を聞いているのはその病院食を美味しいと言いつつ食べている患者たち。

その人たちを前に言い放つそんな言葉が無性に悲しかったけれど、それ以上に特別な料理しか受け付けない彼女の人生が悲しすぎと思ったり…。

同時に、私は何て幸せなんだろうとも思いました。

普通のモノを美味しく感じる体や舌を持っているなんて、最高です!

お金とチャンスがあっても「美味しい過ぎるモノ」を「食べ過ぎる」のは、災難なんじゃないかとさえ思えます。

普通のモノが美味しく感じられ、たま~に食す上等な料理に「死にそうー」とか言ってしまう私は幸せ!

コメント

  1. あ〜 より:

    入院中の食事記録、素晴らしい!
    同じように見えて、全部献立が違いますね。
    盛りつけはそっけないけど、栄養のバランスや食べやすさ、味つけの変化など考え抜かれているのがわかります。
    毎日の食事が、おいしく食べられるって幸せなことですね。
    お大事になさってくださいね。

  2. marimo より:

    あ〜さん

    ベッドの上に立つのは御法度なので、思いっきり手を上に伸ばし、当てずっぽうに撮った写真、オマケに古いコンデジ(デジ一を持っていく勇気がなくて)なので、イマイチですが雰囲気はわかりますよね。私にとってもよい記録になりました。

    それにつけても、5分粥、全粥、通常食(書き忘れましたけど、2種類からチョイスできるんですよ)ほか塩分・糖分を制限した食事などを間違いなく患者に届けるシステムに感動しました。

    面白い経験を沢山して、病気も悪いことばかりではなかったです。あ〜さん、いつも元気づけてくださって、本当にありがとうございます!

  3. むつこ より:

    病院食、同感です。私も2回のお産やその前の切迫流産、アキレス腱などで入院生活を経験しましたが、給食全然オッケー。むしろ、これはその味と、味わっていただきました。もちろんエブリデイ完食でした(笑)。

タイトルとURLをコピーしました