4月から早5回目の煮豆作り。
自分が豆を煮られるなんて思っていなかったので、「豆を煮る自分」にちょっとうっとり気味です。
煮豆って、終日鍋を火鉢にかけて(言うこと古すぎ!)みたいなイメージがあったのですが、友人に乾燥豆をもらって仕方なく煮てみたら、これが意外に簡単。

家族の中に若き煮豆ファンがいたりして、結構背中を押されました。
何と5歳の孫が「1番好きなおかずはババの煮豆」と言ったそうで…。
煮豆

5回作ってできた、私の決定版煮豆レシピをどうぞ。
豆を煮る時間は正味1時間。
あとは自然の力にお任せ、の簡単かつエコなレシピです。
その1時間も火にかけている時間なので、何をするでもなく出来上がってしまう感じ。
初めての時は、栗原はるみさんの「ごちそうさまが、ききたくて。」を参考に、次回から少しずつアレンジしていった結果です。
基本的には栗原レシピですが、砂糖の分量や、年配の方に教えてもらった裏ワザを加え、「これでヨシ!」と思える煮豆に到達したわけです。

煮豆(紫花豆)

材料

花豆

  • 花豆(紫花豆) 300g
  • 水 2カップ半
  • 砂糖 170g
  • しょう油 大さじ1
  • 酒 大さじ1

作り方

  1. 花豆を洗い、たっぷりの水に1晩つける。
  2. 新たなたっぷりの水に花豆を入れ、沸騰してから10分くらい煮て、ザルに上げ、鍋と豆を洗う。これを2度やる。
  3. 3度目はそのまま鍋を厚手の布などに包み数時間放置(私は料理専用の肌布団に包み、クッションなどで周りを被う)。
    1晩そのままでも鍋はそこそこの熱を持っていて、お豆はしっかり軟らかくなっている。
  4. 別鍋に、水・砂糖・しょう油を入れ、15分くらい煮詰めてシロップを作る。
  5. 4の中に、水気を切った豆と酒を入れ、5分前後煮る。
  6. 食卓に出すまで、5を再び厚手の布に包む。

布団作戦ではなく、すべての行程をヒーターに頼る場合は…

3は豆が軟らかくなるまで煮る。
シロップを作る水は3カップに。
5の豆とシロップを煮あわせる時間を15分くらいとる。

煮物全般、布団作戦で食材を軟らかくすると煮崩れませんよ~。

お豆を煮る生活

お豆を1度煮てみてください。
こんなに美味しいモノだったのか!って感激するかもしれません。
特に花豆は大振りで見栄えもいいし、食べ応えもある。

子どものおやつにもなりますしねー。
孫は来る度に「おやつ、お豆がいいなー」といいます。
単に渋く育っちゃっただけかもしれないけど……。

家庭でお豆を煮ることが少ないからかもしれません。
煮豆を極めれば、ちょっとした手土産にもできます。
「豆を煮る私」に酔っちゃいそう。
やっぱり出だしに戻ってしまう~!(爆)

おすすめの記事