前回の記事に書いた夏みかん。夫は「今まで食べた中で1番おいしい!」と大興奮。滅多に出会えない夏みかんとここでお別れするのは忍びないので、残った皮だけでマーマレードを作ってみました。完全に皮だけだとペクチン不足で、ただの砂糖煮になってしまいそうだけど…。

夏みかん なぜかラップに包まれて…でも、マーマレードのために実を残すなんて、とてもできそうにない夫。残り物で作る以外ないのでした。

考えてみたら、余ったモノ、残ったモノの保存・有効利用がきっとジャム類の始まりと思うので、案外正しい道かもしれません。

材料・作り方(夏みかんの皮約5個分)

1.夏みかんの皮をきれいに洗い、傷んだ部分を除き、太めの千切りにする。
2.水を張ったお鍋に1を入れ、10分ほど煮る。
3.水を張ったボールに2を入れ、1日置く(苦みを取るため)。

ペクチン不足を補うために
4.オレンジ2個の皮をむき、千切りに。実は房から出してほぐす。
5.適当に苦みが取れた夏みかんの皮とオレンジ(千切り皮&ほぐした実)をお鍋に入れ、ヒタヒタの水で煮る。
6.途中、夏みかんとオレンジを足した重さの半分くらいの量の砂糖を投入。

水にさらして苦みを取るペクチン不足を補うオレンジをプラス煮上がり。やっぱりペクチン不足

7.小1時間煮て、味見する。甘さが適当ならレモン汁をひと搾り。甘みが足りない時は砂糖を足してから、レモン汁を入れる。

普通のマーマレードなら、これでオシマイ。でも、皮だけの時はもうひと仕事、まだまだ砂糖煮状態だから。

8.ペクチン不足で粘りが出ないので、ミキサーにかけてジャム状態にしてしまう。

保存のためのひと手間

9.マーマレードを煮ながら、空き瓶を15分ほど煮沸消毒し、きれいな場所で自然乾燥させる。
10.できたてのマーマレードを9の瓶に詰め軽く蓋をしたあと、水を張った大鍋に入れ、更に煮沸。

ブレンダーでガガッと煮沸消毒で長持ちさせる夏みかんのマーマレード

これでしばらくお手製マーマレードが楽しめます。が、夫的にはミキサーでガガーッとやって欲しくなかったらしいのです。無骨でも、砂糖煮状態でも皮の感じを残したマーマレードが好みのようで。

でもまあ今回は、中身は夫、皮は妻というコトでいいんじゃないでしょうか。妻は重さも顧みず、6個もゲットしてきたわけですし……。と思っていたけれど、よく考えたら、重い夏みかんを持ち歩いてくれたのは次女のパートナー君だったわ。

おすすめの記事