スポンサーリンク

ワケの分からないタイトルになってしまった。自分的はものすごくシックリ馴染むのだけど。「植物図鑑」(有川浩著)を読んで、今、結構ほんわかな心持ち。この気分が薄まらないうちに、レシピ本にも勝るこの小説を紹介しようと思うのです、ハイ。

植物図鑑少々ネタバレありなので、前半の段落は読み飛ばしてくださった方がいいかもしれない。でも、書かないワケにもいかないので。

内容は、料理の腕も興味もないうら若い女性が、メチャクチャ植物に詳しい行き倒れのオトコを拾ってしまい、共同生活が始まる。彼はよくしつけられた犬のように礼儀正しく、何事も起こらない。そのうち彼は女性を野に連れだし、植物、特に食べられる野草を熱心に採り、ウンチクをたれる。持ち帰った野草を彼は見事に料理し、次第に女性もその楽しさに目覚め……、って感じで話は進む。

本文中、彼が料理をするくだりは結構な行数を使い詳しく書かれていて、料理経験のある人なら、この文章だけでも同じようなものが作れそうな程。2人で仲良く食す場面では、「××との組み合わせが美味しそう」とか「今度は××にしてみよう」とか、会話の中にヒントが沢山。

奇しくも今年5月に、「植物図鑑」に出てくるほとんどの山菜を友人にもらったのだけど、全く生かし切れず、苦手(食べる方じゃなく、作るコトに)意識だけを残して終わってしまった。いや、ワラビのあく抜き用灰の扱いを間違えたのか、鍋を1つ台無しにするオマケつきだっけ。

料理本やネットで充分調べて調理したのだけど、全然ダメだったのは、本当の美味しさの勘所が分かっていなかったからだと思う。「植物図鑑」の本文中(最後の方のページにレシピあり)に語られる作り方には、分量や手順がレシピ本のように書かれているワケではないけれど、鍋を前にした自分が想像できるし、こうやれば美味しくなるんだ!と分かる気がした(イヤ、本当はどうかわからないけれど)。

そんな嬉しいショックを受けた本なのでした、これは。でも、料理のスキルに走った物語ではなくて、とても穏やかで優しい恋愛小説。彼がもうメチャクチャステキで、恋しちゃいそうなくらいステキで……(笑)。私の好きな性質を全て持っている彼はいったい何処にいるんだ!と思って、有川浩氏の本をごっそり図書館に予約した私。

植物図鑑
植物図鑑有川 浩

おすすめ平均5つ星のうち4.0
5つ星のうち5.0若い頃に戻ってこんなベタな恋愛もいいな
5つ星のうち5.0「草食系」恋愛小説の決定版!
5つ星のうち4.0アマアマだけど、いつもとちょっと違ってる
5つ星のうち5.0書名は??でしたが…
5つ星のうち2.0途中の展開にマンネリ感。植物についての雑学はつく。

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

誕生日を祝う
朝ごはん ときどき お弁当

スペイン料理教室

ワンプレート ランチ

  1. ワンプレート ランチ[おにぎり3兄弟&コロッケ…]
  2. タラコパスタ&ジャーマンポテト
  3. ワンプレート ランチ[肉じゃが&大根サラダ…]
  4. ワンプレート ランチ[ハンバーグ&オニオンスープ…]
  5. ワンプレート ランチ[唐揚げ&煮しめ…]
  6. ワンプレート ランチ[ざるそば&海鮮丼…]
  7. ワンプレート ランチ[チャーハン&エビチリ…]
  8. ワンプレート ランチ[マカロニグラタン&お豆のスープ…]
  9. トマトソースのパスタ&ジャガイモのガレット…
ページ上部へ戻る