寒くなる前に日数をかけて大掃除&重箱ランチ

重箱ランチ
重箱ランチ 2020.11.24

来週はもう12月というのに、何だか気合の入らない毎日です。

去年までは、年末年始の来客のため献立を考えたり、食材を注文したり…結構楽しい時期だったのに、新型コロナで狂ってしまいました。

こんな年末年始になるなんて本当にビックリです!

ともかく大掃除と餅作り、それだけがこれからの仕事。

苦手な大掃除と楽しみな餅作りを交互に頑張っていたら、そのうち年が明ける気がします。

目次

大掃除の最初は冷蔵庫 → ランチ制作

大掃除なのに最も小さい場所が最初のターゲットなんて(笑)

嫌々だから、すぐに完全に終わる場所を選んで、まずは助走。とりあえずスタートを切ります。

数ヵ月前の遺物も正体不明のモノもなく、棚を洗ったり庫内を拭いたりするだけでオッケーでした。

この優秀な状態は、コロナ禍で買い物の頻度が低く、かつ家に居る時間が長いので目が行き届いた結果のようです。

ただ掃除というのもナンなので、庫内を拭きつつう、野菜室で出番を待っているレンコンやカボチャを調理し、自分用ランチと夕食の副菜(おかず流用)まで作りました。

うん、やればできる!

掃除をしつつ、作った重箱ランチ

ひとりランチの日はチマチマと重箱に詰めるのがマイブーム。

  • レンコンのきんぴら
  • カボチャの甘煮
  • シメジと豆苗のバター炒め
  • つくね
  • キュウリと人参のピクルス
  • 玉子焼き
  • 豆ご飯
  • たらこご飯

超多機能でかわいい重箱

木製ウォールナットに重箱

オプションの小箱(色多数)がすごく便利!

木製ウォールナットに重箱
木製ウォールナットの重箱

内蓋があるから冷蔵庫での保存も万全!

私の選んだウォールナットは木製なので少々高いですが、ABS樹脂のカラー重箱は内蓋付きで1段1600円と手ごろです。

子育て中だったら迷わずABS樹脂にしたと思います。シックな色味も素敵です。

スペインに小型包装物を送る

海外、国内問わず里帰りを見送る家庭は多そうですねぇ。

例年、年末年始を我が家で過ごす長女夫婦も今年はスペインからの帰国を諦めました。

帰国の度に調味料や日本食材を大量に買ってスペインに戻る長女なので、それができない今年はちょっと困った感じ。

なんせ、スペインに20年以上も暮らしながら、頻繁に和風ランチを楽しむ和食大好き人間。スペイン人の娘婿とのランチ風景はサバの味噌煮だったり、手巻き寿司だったり…(インスタを見てたびたび爆笑)。

スペインはすごく荷物が届きにくい国らしいです。だから長女はいつも送らないくていいと言うのだけど、今回はさすがに欲しいものがいくつかあるので、頼まれました。

スペインに荷物(大きなモノでない場合)を送る時の安全策は…

  • 小型包装物で送る
    税関告知書(CN22)が必要
  • 箱ではなく封筒に入れる
    (ネット情報だとゆうパックの袋が最強のよう)
スペイン行きの食材
スペイン行きの食材

本当はかき餅なども入れたかったのだけど、税関で開けられた時、商品パッケージ物の方が通りやすいような気がしたのでこのラインナップに。

長女の本命はユウキのガラスープとうどんスープで、お茶漬けと吸い物の素は私の勝手なチョイス。

964.5gで1,860円でした。1㎏以内というリクエストにほぼピッタリ。

追跡オプションを付けていないので届かなかったらそれまでです。

スペインでは税関で開けられ法外な関税を取られたり、荷物が行方不明になったり全然頼りにならない感じなので(大きいけど)手紙のような目立たない姿でそっと送った方がまだ届く可能性が高いということらしいです。

何日後に届くか?いや、とにかく届けばバンザイ!って感じです。

ユウキのガラスープで作るラーメンをスペイン人の娘婿が待っているので、神様お願い!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる