夏休みの娘と孫を昼食に招待した。いつもながらのコンセプト「笑える献立」。アイデアは前からあって、いつか……と狙っていた「おかずオニギリ」。その隙間に、オニギリのようなおかずを配したお弁当。いいんじゃない?と一人満足。

おかずオニギリそれぞれおかずを混ぜ込んだり、芯にした9種類のオニギリをランダムに並べてみた。次はどれを食べようかな?と目が迷うように(笑)。

オニギリ1つ選ぶのに、あっちを見たり、こっちと比べたり……そんな他愛のない時間が愉快で楽しい。

2、3コ食べてお腹いっぱいっていうんじゃ、このお弁当の意味がない。他種類食べられるよう、サイズはあくまでも小さく。室内で食べるお弁当なので、握り方も軽くふんわり。

【オニギリの内容】
天むす(エビの天ぷら)
・ウィンナー(コクを出すため、油で揚げた)
・たらこ(焼いてほぐし、表面にまぶす)
・唐揚げ(オニギリに入れるので、ゴク小さくカットしてから)
・ハム+枝豆(枝豆が邪魔をして握りにくい。ので、枝豆の最後に突き刺す感じで)
・鮭(焼いてほぐし、表面にまぶす)
・野沢菜+じゃこ
・牛肉(硬く握ったオニギリの表面に牛肉の薄切りを巻き、塩・コショウ。炒めて仕上げに濃縮めんつゆ)
・薄焼き卵(ハムのみじん切りを芯にして)
-------------------------------------------------
・オニギリのような、海苔巻きつくね

今日は、これに稲庭うどんの冷たいの。みんなモリモリ食べて、残りは娘が持ち帰り。

おすすめの記事