煮物は難しいですねー。黄金比みたいなモノがあるといいのだけど、…。達人のレシピを忠実に真似ても、大抵不本意な仕上がりになってしまう私。お煮しめのように材料が多い煮物のだと、年に3回のヒット、2年に1回のホームラン、そんな感じです。そんな腕前でも、煮物はやっぱり大事なおかずなワケで…。

いかとピーマンの煮物昨日のお弁当には、「いかとピーマンの煮物」を作ってみました。目分量ではなく、きっちり計量して「いかとピーマンの煮物」黄金比を、なんて。それが結構美味しくできちゃって、なのでご報告。黄金比かどうかは不明ですが、数字の上では「1」と「0」で構成された、ちょっと特別なレシピのような(「博士の愛した数式」の影響)。

煮物の利点は、味付けさえすれば後はほったらかし。お弁当など少ない時間で何品も作る時こそ、煮物の出番かも? 面倒がらずに少ない種類から徐々に練習して、毎回ヒット、しばしばホームランとなるよう、励もうかと思います。

「いかとピーマンの煮物」

■材料

モンゴウイカ(冷凍)・・・100g
ピーマン・・・中1個(1cm弱にカット)
(間違えたので訂正=2/16)だし汁・・・100cc
醤油・・・大さじ1
メープルシュガー ・・・大さじ1

■作り方
【1】鍋に、水、醤油、メープルシュガーを入れて火にかける。
【2】煮立ったら、モンゴウイカとピーマンを入れ、中火で煮汁がドロリとするまで、煮詰める。

※ポイントは、メープルシュガーとイカの組み合わせ。普通の白砂糖やザラメだと、ベタッとしつこい感じに仕上がりますが、メープルシュガーを使うと、サラッと上品な甘みに出来上がります。メープルシュガーはお菓子用、なんてトンだ誤解をしていました。販売元のメープルファームズジャパンのホームページを見ると普通のお砂糖と同じように使える上、肉や魚の臭みを抑えたり、卵などの臭いを減らす作用があるそうで…。ちょっと使い倒してみたくなりました。

メープルファームズジャパンはこちら

おすすめの記事