燻製づいています。普通に調理したのでは望めない独特の風味と香りと味わい。それが簡単な道具を使って自前で出来る事を発見(アウトドア派の友人に教えてもらったのですが)してからハマっています。今回は塩豚にした豚肩ロースの燻製。

塩豚肩ロースの燻製塩豚の美味しさを知っていらっしゃる方は、きっとタイトルだけで垂涎ものと思います。豚肉に塩をすり込み数日寝かし(熟成させる)た塩豚。それだけでお肉が劇的に美味しくなりますが、それをスモークするのですから、美味しさの上塗り。おもてなしにも、お弁当にも、ピッタリ。多分、お酒のお供にも(下戸なので想像ですが)。かなり日持ちもするように思います。塩豚の作るところから、スモーク完了までは数日を要しますが、でも手間をかける部分は非常に短くて、だから全然大変ではありませんよ。

[塩豚肩ロースの燻製]

塩豚■材料
〈塩豚〉
 豚肩ロース 300g(ブロック)
 塩 大さじ 1/2

■作り方
【1】豚肩ロースを半分の厚みに切って、全面に塩をすり込み、キッチリとラップをかけ、冷蔵庫で2~3日寝かす(ドリップが出ていたら、キッチンペーパーで拭き取り、新しいラップをかける)。(※1)
【2】塩豚完成後、その肉をフライパンできれいな焦げ目を付けながら、9分通り火を通す。
【3】燻製器に入れて、3分燻しそのまま冷ます。(※2)

※1 塩豚を加熱せず、生から燻製にする方が本格的ですが、100円ショップで揃えた簡易(笑)燻製機なのでそこまではできそうにありません。 

※2 燻製の道具とやり方は「燻製ゆで卵」のページを参照してください。

〈燻製作りのお役立ちサイト〉
燻製.net
※家庭で出来る範囲ですが、割と本格的。大きな食材や吊して燻製にする食材なでにも対応。ベーコンや魚などやって見たいです。

燻製記

おすすめの記事