8日の親戚パーティで作った料理のレシピをちょっと紹介します。今日は、「タコのマリネ(実名「インチキ・タコのマリネ」)。要するに出来上がりを想像して適当に作ったマリネなのでした。

ちょっと力をいれたなーと思う部分(という程のコトじゃないけど)は、長ネギとインゲン。両方ともブイヨンで煮てから液につけてみました。茹でただけの時とは、まろやかさやコクがだいぶ違う感じです。長ネギは、急に思いついていれてみたのだけど、これがなかなか・・・。ネギは薬味の時のシャープな感じと、煮たり焼いたりした時のトロンと緩い感じがホントすてきです。

■材料
タコ(ぶつ切り)
トマト(湯むき)
エリンギ(オリーブオイル炒め)
セロリ(ぶつ切り)
玉ねぎ(みじん切り)
バジル(適当に千切る)
長ネギ(濃い目のブイヨンでクタクタに煮る)
インゲン(濃い目のブイヨンでサッと煮る)

(マリネ液)
オリーブオイル
リンゴ酢+レモン汁
ブイヨン(濃い目)
塩    少々
コショウ 少々
(オリーブオイル:2 酢+レモン汁:1 ブイヨン:1 くらいの割合)

■作り方
マリネ液を作り、まず玉ねぎのみじん切りを入れる。馴染んだら他の材料を入れる。熱を加えたモノは熱いうちに・・・。

こんな感じで、割と穏やかなマリネを作ったのですが、何だか自信がなくなってきました。ので、「インチキ・タコのマリネ」から「タコのマリネ風」に改名します。

おすすめの記事