手作りかき餅で最も好きなのは昆布入り/生協のWEBページに感嘆!

昆布のかき餅

東京のコロナ新感染者は昨日やっと1000人を切りました。

年末が近づく頃は「1000人を超えちゃうかも?」なんて言い合っていましたが、あっという間に1000人、2000人のラインを越えて、1000人を切っただけで、今日は少ない!と思ってしまったり…。

こんなにも短い時間で1000が大きく感じたり、小さく感じたり、まったく人(自分)の感覚はアテになりません。

当初の基準だった新感染者500人のライン以下でも、すぐ緊急事態宣言を解除するわけではないらしいので、蟄居生活はまだまだ続きます。

かき餅を作って、ブログを書いて、猫と遊んで、ご飯を作って、本を読んで、ナンプレを2つほどやっつけて、ダンスをして(自粛生活の運動不足解消にSWITCHのジャストダンス)1日が終わってしまいます。

バーゲン漁りにショッピングモールに行きたいなぁ~。

目次

大好きな昆布のかき餅

買い物以外自宅から出ないので、ホームベーカリーがフル回転です。

1つくらいいつもと違うことをしたい!と思いつつ、いつもと同じかき餅作り(笑)。

かき餅は何を混ぜても大抵美味しいですが、昆布は格別。だしをとるくらいだから、旨味たっぷり。

カットするのが少々面倒だけど、暇な今年はジャンジャン作っています。

カットした昆布

今年は出来上がったお餅をいつもと違う場所に置いたら、ちょうど1日(24時間)でカットしやすい硬さになるのを発見。

ホームベーカリーで餅つきをセット → 前日の餅をカットという流れが定着しました。

420gをひと塊に整えると、大き目のかき餅が作れます。

昆布のかき餅

▼ 翌日

昆布のかき餅

かき餅が出来上がったら、娘や義妹、友人にプレゼントします。

乾燥したかき餅を渡す相手と、(自分では焼かないだろうと思える人には)焼いて渡す相手と…。

そんなことを思って喜んでいます。実際、もらう方より渡す私が1番嬉しいんだから、かき餅作りの手が止まらないはずだわぁ!

パルシステムでご機嫌な買い物

パルシステム

パルシステムに加入して、今日で2回目の配達。

使いやすい量や価格ですごく満足しているのだけど、それ以上にパルシステムのWEBサイトがお気に入り。

元WEBデザイナーとしてはあちこち気になって(本末転倒の感もあるけれど)サイトの設計を毎日のように見入ってしまっているのでした(ちょっと無駄時間)。

親切な構造、フォントや行間、メニューの構成、美しい写真…惚れ惚れします。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる