夏らしく盛りつけてみました。薄い色、余白の多さ…、涼やかに見えるでしょうか?
tamagotofu

夏のランチの献立

玄米の丸おにぎり、カジキのイタリアンパン粉焼き、レタス、なだ万 夏の和冷菜葛寄せとうふ、トマトサラダ、マカロニサラダ、紫花豆の甘煮、メロン

「なだ万 夏の和冷菜葛寄せとうふ」とメロンは頂き物。
葛寄せとうふなるものを始めて食べましたが、上品でなめらかで美味しくて…。
なだ万、さすが! 玉子フェチの私の感激は半端じゃなかったです。

でも今日のメインは「カジキのイタリアンパン粉焼き」というナゾの料理。
ナゾって。つまり、0点か90点か、または三振かホームランか…という私の料理だから…。
今日は何と「これ、美味しいねー」と夫から★3つをもらいました。

簡単インチキ料理なので気が引けますが、とりあえず紹介します。

カジキのイタリアンパン粉焼き

材料(2人分)

  • カジキマグロ 2切れ
  • 片栗粉 大さじ2
  • パン粉 大さじ4
  • パルメザンチーズ 大さじ2
  • オリーブオイル 適量
  • ニンニク(チューブ) 1cm

作り方

  1. カジキマグロに分量外の酒(大さじ1)と塩(ホンの少々)を振り、10分おく。
  2. その間に、パン粉、チーズ、オリーブオイル、ニンニクを合わせてよく混ぜる。
  3. カジキマグロに片栗粉を付けて、フライパンで(分量外のオリーブオイル)焼く。
  4. フライパンの空いた部分に調味したパン粉を入れ、一緒に火を通し焼き色を付ける。
  5. カジキマグロをひっくり返し、色づいたパン粉を上に乗せ完全に火を通す。

本当の作り方は、カジキマグロに調味したパン粉をたっぷり付けて、オーブンで焼くのだけど、たった2切れにその労力は釣り合わないので、フライパン一気焼き。
大勢で食べる時ならオーブンに入れっぱなしで、まぁどう転んでも簡単な料理ということです。

おすすめの記事