献立
鶏の唐揚げ、ひじきの煮物、カボチャの甘煮、サラダ、わかめスープ、玄米
ワンプレート ランチ[唐揚げ&ひじきの煮物や…]

珍しく「唐揚げが美味しかったよ」と夫。珍しいのは夫の感想ではなくて、美味しい唐揚げができたコトの方。近頃(自覚している)美味しいモノ出来上がり率は2割3分ほど。ホームランは久しく出ていないですねー、そういえば。アレやコレや作って打点を稼ごうと思うものの、還暦過ぎると品数も多くは必要なくて…。低空飛行、でも頑張っています! 2割3分じゃ、スタメン出場はないと思うけど、代打いないもんねー我が家には。

唐揚げは、揚げる直前にニンニク・生姜(両方チューブ)、酒、醤油で味付けしました。漬け時間が短すぎるので、鶏肉と調味料を親の敵かー(何と古い表現)と思うくらい揉み込みました。揉み込むと不思議な事に酒や醤油が本当にお肉に吸い込まれます(と思えるくらい、水気がなくなります)。一説によると、人の手で揉むのが大切とか。温かさと力がお肉の気持ちを溶かすんでしょうか? 衣は片栗粉と小麦粉を半々にしてみました。よいサクサク感です。

ひじきの煮物、カボチャの甘煮は昨日の残りもの。煮物は翌日くらいが1番美味しい気がします。サラダは水菜、トマト、紫玉ねぎ、フライドオニオンにゴマドレッシング。


いくら何でもと思うような包丁を、コスパ最高の包丁に買い替えました。ものすごい切れ味で、早速左の中指側面を削りました。リウマチで指が数本曲がったまま固まっているので、包丁選びが難しかったんです。が、ネットの口コミを信じて買ったら大当たり。トマトも自家製かき餅もスパスパ切れる、軽くて小さめで握りが太めの100満点の包丁です。

日記
サラバ! 上・下
(西 加奈子著)読了。★★★★
冗長ではあると思うけれど、そのグダグダ感も都合のよいプロットも、この物語に必要なモノに思える。むしろ終盤が…?
おすすめの記事