暑い日の素麺の美味しさってないですねー。1口目の、清らかなモノが体に入っていくようなあの感覚。日本の夏も捨てたもんじゃない!と思ったりします。ただ、つい茹ですぎて…なんてコトも多いです。素麺(沸騰する鍋の前で、もう1束に悩みませんか?)を無駄にせず、簡単アレンジで翌日でもOKの料理に変身させたので紹介します。

茹ですぎた素麺こんな状態で残ってしまった素麺。もう絶対、日本人の舌を喜ばせるツルツルとした素麺には戻れないのでした。

だからって、もちろん廃棄なんて御法度です。とはいっても、ブニョブニョに弛みきった麺に麺つゆをかけて食べるのでは、可哀想すぎるじゃないか!と思うワケです、素麺が。

焼き素麺で、こんなふうにアレンジしてみました。

ごま油で焼き付けて香ばしさをプラスしたら、ブニョブニョ感が吹っ飛んで、何だかシャキッと別人(麺)のよう。満遍なくしみた白だしの味がとっても上品。

上の具は、肉&野菜炒めなどもいいですし、お子さんならコーンやハムなども美味しいと思います。

焼き素麺

◆材料(半人前?)
・素麺 (茹でたてでも、残った分でも) 50g(写真は、揖保乃糸 1束)
・わけぎ 1本
・しいたけ 1コ(薄切り)
・白だし 大さじ1(素麺にからめる分)
・白だし 大さじ1/2(ネギにかける分)
・ごま油 大さじ1(炒め用)
・ごま油 大さじ1(熱してかける分)

焼き素麺焼き素麺焼き素麺

◆作り方

1.素麺に、白だし(大さじ1)をかけ、よく絡ませたら1口大にまとめ、少し休ませる。(すぐ調理しない場合は、1口大にまとめてから冷蔵庫へ)

2.フライパンを熱し、ごま油を入れたら重ならないように素麺を並べ両面を焼く。

3.わけぎとしいたけを薄く切り、白だし(大さじ1/2)と混ぜておく。

4.焼き色がついた素麺をお皿に並べ、わけぎとしいたけを上に盛る。

5.ごま油をフライパンで熱し、煙が上がるほど熱くなったら、わけぎの上からかける。

 

【レシピブログの「だし×オイルでおいしさ広がる! コラボで旨い♪レシピコンテスト」参加中】
第2回「だし×オイル」でおいしさ広がる!コラボで旨い♪レシピコンテスト
第2回「だし×オイル」でおいしさ広がる!コラボで旨い♪レシピコンテスト

おすすめの記事