ほぼ待つだけでジューシー煮豚!

2020 5/26

煮るわけではないけれど、出来上がりが煮豚っぽいので…とりあえず「煮豚」と呼ぼう。

このレシピのポイントは2点。

白だしとオリーブオイルという完成された味に豚肩ロースのブロックを漬ける(失敗ナシ)のと、圧力鍋を保温器として利用する点。

これで実働5分で煮豚が完成!(私好み)

超手抜きだけど、使いようによってはおもてなしの1品にもなりそう。

お客さまの来る日、沢山作る料理の中にこんな手のかからない子が1人いると助かるんですよねー。

目次

ほぼ待つだけのジューシー煮豚

材料(3人前)

  • A 豚肩ロース(ブロック) 300g
  • A 白だし 大さじ2
  • A オリーブオイル 小さじ2
  • A 醤油 大さじ1
  • A ニンニク 半片
  • フリーザーバッグ 2枚
  • 厚手の大鍋(私は圧力鍋)
    ※圧力鍋として使うわけではないけど。

作り方

  1. Aをフリーザーバッグに入れてよく揉み、冷蔵庫で1日以上寝かす。
  2. 豚肩ロースの水気を切り、フライパンに投入。強火で焼き目をつける。
  3. 大鍋に水を張り、沸騰したら消火。
  4. 焼き目のついた豚肩ロースを新しいフリーザーバッグに入れ圧力鍋に投入。
    (ついでにゆで卵を作っちゃったり…)
  5. 鍋に蓋をして、放置。お湯が冷めたらフリーザーバッグから出す。
調味料に漬けて冷蔵庫に寝かす
調味料に漬けて冷蔵庫に寝かす
表面にコンガリ焼き目
表面にコンガリ焼き目
美味しそうな煮豚
ついでにゆで卵も

実調理は、調味料を計るのと、焼き目をつけるホンの数分。

鍋のお湯で低温加熱するので、間違いなく柔らかくジューシーな仕上がりになります。

1日以上漬け込んでいるので、お肉の中まで旨味たっぷり。

白だしの旨味とオリーブオイルのコーティングがいい仕事をしています。

夏場の麺類にも役立ちそうなやさしい味です。

夫に「うまい!」と褒められ、作った本人ビックリ仰天。




目次
閉じる