「手打ちパスタ」第2弾です。前回は生地にパセリを練り込んだモノですが、今日はバジルです。キッチンの窓際で、パセリとバジルが仲良く育っているので依怙贔屓ナシね。ソースが同じでは、余りにも芸がないので、買い置きのアンチョビやくるみを使って適当に作ってみました。これが結構美味しくて、魚のムニエルなんかにもピッタリ!と自画自賛の出来(いつも同じように出来ればネ)。

生バジルを練り込んだ手打ちパスタ くるみとアンチョビのソース練り込む時や麺をカットする時、バジルの香りがふわっと溢れ、良い気分でした。麺の美味しさを予感させます。

手打ちだからできる特製パスタ。素から作った感全開で、自己満足度は高し。

なので、ソースもオリジナル。

キッチンで育っているバジルとパセリ生バジルを練り込んで生バジルを練り込んだ手打ちパスタ

くるみとアンチョビのソース

◆材料
・オリーブオイル    大さじ1
・ニンニク       小1片
・アンチョビ(フィレ) 1.5枚 ※粗みじん
・くるみ        大さじ2(お好みで) ※粗みじん
・生バジル       4~5枚(お好みで) ※粗みじん
・塩(パスタ茹で汁用) 大さじ1

◆作り方
1.大きめの鍋に塩を入れ、沸騰したら生パスタを投入。
  3分くらいでザルにあげる。※ゆで汁を少しとっておく。

2.フライパンにニンニクのみじん切りとオリーブオイルを入れ、
  ニンニクを焦がさないように香りを出す。

3.アンチョビを加え、オイルと馴染んだらくるみ、バジルを投入。

4.茹でたパスタとゆで汁(およそ大さじ1)を加え、サッと和える。

5.皿に盛り、彩りが欲しい時はバジルやパプリカの千切りなどを添える。

バジルとくるみ

バジル・くるみ・アンチョビを粗みじんに

アンチョビを投入

バジルを投入アンチョビを使うと、自力で味付けを考える必要がほとんどないので、味音痴の私にはピッタリ。

今回のソースも、塩気の利いた湯でパスタを茹で、あとはアンチョビまかせ。バジルがほのかに香り、くるみがアンチョビの立ちすぎたキャラを押さえ、我ながら信じられないくらいプロっぽい味がしました。ホント、今回限りじゃないことを願います。

 

▼ 動画「粉からつくる手打ちパスタ」

 

レシピブログの「粉からつくる手打ちパスタ」のレシピ投稿中
手打ちパスタの料理レシピ

手打ちパスタの料理レシピ

おすすめの記事