レシピが優秀作品に選ばれちゃったよ、ワォ~

2020 5/26

主婦の友社から出ている「鍋カバーつき使いこなしレシピBOOK―手持ちの鍋を入れて、保温&節電調理!」のレシピコンテストに応募したら、優秀作品だって。

な、なんと! それだけでも充分嬉しいのに、電子書籍にまで収めてくださた。

感激!

さらに『Amazonギフト券1万円分』のプレゼント。

今回は張り切りすぎなかったのが良かったみたい。

忙しくて、締め切り間際、直感だけで一発作成のレシピ。

目をつぶって打ったらホームランでしたって感じです。

レシピを考えるまでは、この鍋カバーをお弁当の保温に使ったり、煮豆に使ったり重宝はしていたんですけど、それじゃ創作レシピにならないし…。

で、手近にあった材料で、超簡単レシピを考えたのでした。

長芋とはんぺんのふわふわ団子
目次

長芋とはんぺんのふわふわ団子

材料

  • 長いも 1本
  • はんぺん  1枚
  • 生の桜エビ 大1
  • 卵白 半個
  • 片栗粉 大1.5
  • お吸い物より気持ち濃いめの汁

作り方

  1. 長いも10cmとはんぺん1枚をフードプロセッサーにかける。
  2. そこに生の桜エビ(大2)、卵白(半個)、片栗粉(大1.5)を入れ、よく混ぜる。
  3. 吸い物よりやや濃いめの汁を作る。
  4. 汁を煮立たせ、その中に、2をスプーンですくって落とす。
  5. 落とし終わったら火を止め、蓋をして鍋カバーに入れる(約10分)。
  6. 器に盛る。
  • はんぺんの味を利用しているので、種に味付けはしていません。
  • 煮立った汁に種を落とし終わったら、すぐに火から下ろします(のんびりしていると、溶けてなくなるかも)
ハンドミキサーで粉砕
材料を混ぜる
沸騰した汁にスプーンで落とす
火から下ろして鍋カバーに
火が通るフンワリ固まる

ご覧の通り、鍋カバーに入れた直後は、まだお団子が固まっていません。

というか、熱を加えるともう壊れて汁に溶けてしまいそうなんです。

そんなフワフワよりどころのないお団子を、鍋カバーが助けてくれるってワケです。

煮物などは冷める時に味がしみるので、なるべくゆっくり冷ますのがコツだそうで…。

なら、何でもかんでもこの鍋カバーに入れておけばいいじゃん、と思います(笑)。

何か煮たら、サッサと鍋カバーに入れてしまう。

取り出して、硬かったらもう1回煮る。

2度味が染みるし、細切れの家事時間しか確保できない私はイライラから解放されそう。

鍋カバーに入れている間も一応調理時間と思えるので、ね。

応募したレシピは主婦の友社に著作権がありますが、私のレシピというコトでこのブログへの掲載を許していただきました。




目次
閉じる