トレドでは昼食をとるレストランに迷って、ちょっとウロウロ……。ピザやパスタのお店をのぞいては却下。却下するのは娘たち。外に出ているメニューを見ても、全然分からないですもん。で、結局「ここなら……」と入ったホテルのレストランが大当たり。美味しくて、安くて、キレイで、雰囲気が良くて……。

「SAN JUAN DE LOS REYES」のレストランで食べた料理は、かつて1度も目にしたことがないものばかり(連れ合いが食べ物に興味がないと、食べ物経験は深まりません)。

子豚の丸焼き ジューシー子豚の丸焼きスペアリブ?? これだけがちょっと……パン乗せステーキズッキーニのグラタン?焼きチーズとサラダ鱈ムール貝と野菜の煮込み?

1つだけ「これはちょっとなー」と思うのはありましたが、他は頬が落ちそうでした。この料理に、それぞれ好みの飲み物を注文して、65ユーロって……。ちょっと間違いじゃないかと思うんですが、支払いの時、娘もレシートをチェックして「安い!」って言っていたので、カウントミスではないと思います。

ステキなレストラン、気の利いたウエーター、洒落たテーブル、美味しい食事、立派なトイレ、何もかもが良かったです。

トレド大聖堂お腹いっぱい、見もいっぱい……なトレド大聖堂。
上の方まで装飾されたこの巨大な建物にビックリ仰天。

入り組んだ迷路のような狭い路地の果てが、この大聖堂です。メリハリありすぎのトレドでした。

こんな道幅のところもこんな狭い路地なのに手が届かない私。

トレドを充分楽しみましたが、以前ネットで見て仰天した風景は、中を歩いている人間には見えないというコトがよ~くわかりました。なので、旧市街にいる間は、壮大な印象はなかったけれど、行き帰りに仰ぎ見たそれは、やっぱり凄かったです。

おすすめの記事