夕方、1度ホテルに戻り、夜8時頃まで休憩することになりました。スペインのレストランは夜、その頃からオープンするらしいです。シエスタがなければ、やってられない仕組みですねー。私は、結構な距離を歩いたのと、仕事のメールが届いていたのとで、夜の外出を見送りました。サンドイッチか何か買ってくるから……と、夫や娘たちはまたも夜のマドリッドへ。

マドリッドのホテルで、東京から届いた仕事をする……ネットの威力にビックリです。それにしても、web 制作という仕事のありがたさ。とりあえず、ネット環境とPCさえあれば、そこそこの仕事ができるので、今回のような2週間の旅行も、仕事先は皆快諾してくれました(と思い込んでいます)。

ホテルのキッチン仕事が終わった頃、パンやサラダ、ミートパイなどを持って3人が戻ってきました。私だけお部屋で……と思っていたんだけど、みんな私につきあってくれたみたい。ありがとうー!

このホテルには、小さなキッチンが付いているのでとても便利。お皿やカップやフォーク、一通りのモノが揃っているので、本当はもっと活用すべきだった、と今になって思ったりします。反面、献立を考えて買い物~後片付けまで、な~んにも関係ない……そんな時はなかなか無いので、やっぱりキッチンを使わなかったのは正解かも?と思い直したり。

ホテルで食事バルサミコ酢のかかった巨大なサラダが美味しかったです。

毎日ごちそうを食べているので、こんな簡単な食事が結構嬉しかったり。部屋で家族だけ、というのも気持ちが落ち着きます。

おすすめの記事