今年も松茸が我が家にやってきました。も、勿体ないわ、こんな立派な国産松茸。年に1度しか相手にしないせいか、毎年、素材の凄さ(お値段を含め)を活かしきれず……なのだけど、今年は秘密兵器があったので、実に美味しく仕上がりました。

松茸値段を考えると美味しさが倍増しますね。

何が何でも美味しくないと許せないような気分にもなります。

今年は幸い、硬めでほんのり薄味の絶妙の松茸ご飯と、プワッと香る土瓶蒸しが出来上がり、心から堪能しました。

無添加だし 八宝だし「エッ!?何このうまさ!!」それを叶えたのが、最近ゲットした無添加の粉末ダシ「八宝だし 「エッ!? 何このうまさ!!」」。

かつお、しいたけ、昆布、あじ、煮干し、さばなど沢山の、いわゆるダシに最適な食材がごっちゃに入った、化学調味料不使用の即席出し。指先につけて、ちょっと舐めてみたけれど、紛れもなくホンモノの味がしました。作ったような味では全然ないんですよ。鰹節や昆布の粉末を自分で合わせたみたいなんですよ(それも絶妙に)。

本物のせいか、出来上がった料理がダシっぽくなくていい感じでした。特に土瓶蒸しのようなデリケートな料理が調味料臭かったりしたら、泣きたくなります。

なんて、いっぱしの事を言っていますが、「土瓶」を持っていないので、おかゆ用土鍋で作った「土瓶蒸し」。ちょっと風情が足りなかったです。いや、いや「料理は味だ!」と思えば、充分合格点だったと思いますが……。

松茸と八宝だしに感謝、いっぱい !!

松茸土瓶蒸し松茸ご飯和の食卓

松茸はしばらくご縁がないと思うけれど、八宝だしは毎日のコト。キチンとダシを取る方が良いに決まっているけれど、忙しい身には、ダシの準備が最も億劫。すぐラクに流れる(流されるんじゃなくて、積極的に流れてしまう)質なので、何事につけ最低ラインを決めている私。

子どもが小さかったときは、「焼きそばでもチャーハンでもいいから、出前は取らない」コトにしていました。それからずっと忙しい私のダシは「即席で我慢。でも、なるべく本物に近いモノ」なんです。低すぎてすみません。ですが、「面倒だから何も作らない」より相当マシ!と自分を励ましています(笑)。励まし過ぎだったり……?

八宝だし 「エッ!? 何このうまさ!!」はこちら

おすすめの記事