「アスパラ塩つくね」 すごいゾ!あらびきガーリック

レシピブログの「食べるスパイス」レシピモニターに当選して、3つのスパイスをゲット。

その内の1つ「GABANあらびきガーリック」を使って、つくねを作ってみました。タレではなくて、塩味のアッサリつくねです。

アスパラ塩つくね

塩とガーリックの相性は抜群だしねー、なんて思いながら、タネを捏ねていたら、朝食の残りのアスパラがチラリと目に…。

4本しかなかったけれど、これも仲間に入れちゃったら、何だかオシャレになりました。

パーティなんかに、色とりどりの塩つくねってどうでしょう? アスパラの代わりに、固ゆでした人参やゴボウやインゲン、生のセロリ…おー、かなり良さそう。

目次

アスパラ塩つくね

材料

  • 鶏もも挽肉 150g
  • 塩・コショウ 適量
  • 生姜の絞り汁 小さじ 1/2
  • しょう油 小さじ 1/2
  • ネギのみじん切り 5cm
  • 卵白 小さじ 1/2
  • 片栗粉 適量
  • あらびきガーリック 適量

作り方

  1. 片栗粉以外の材料をボールに入れて、粘りが出るまで良く捏ねる。
  2. 硬さを見ながら、片栗粉を入れる(形が作れるかどうか、くらいの硬さ)。
  3. 左手に片栗粉を付けて、その上にスプーンでタネを落とし、アスパラを置いて包むように、もう少しタネを乗せる。
  4. テフロン加工のフライパンを弱火にかけ、油を入れず「あらびきガーリック」を2、3回振り入れる。
  5. 少し色が変わったら、3のタネをガーリックの上に乗せ、上からもガーリックを振る。
  6. 中火で焼き色を付けながら、中まで火が通す。
アスパラ塩つくね
アスパラ塩つくね

※鶏肉の表面にぶつぶつアクセントを付けたガーリックがとても美味しい(当たり前ね)。

乾燥タイプだから出来るこの使い方。なぜ、今までこれが無かったのか(あったの?)と不思議なくらい。

肉料理なんかだと、材料に「塩・コショウ」って必ずあるけれど、これからは「塩・コショウ・乾燥ガーリック」って感じで行きたいわ。

味が、キュッとしまって料理が上手になった気さえするもの。いやー、大発見の「あらびきガーリック 」でした。

レシピブログのハウススパイスを使ったオリジナル「食べるスパイス」レシピモニター参加中


レシピブログの「食べるスパイス」レシピモニター参加中




コメント

コメントする

目次
閉じる