子どものパーティに良いかも 「ピンチョスもどき」

子どものパーティーにいいかも?のピンチョスもどき

このところ仕事が忙しそうな次女夫婦。親が大変な時は子どもが頑張らなくちゃ!というコトで、今日は孫に手伝わせて「ピンチョスもどき」を作ってみた。スペインに住んでいる長女が見たら、大笑いされそうなピンチョスだけど、まぁ気分だけというコトで……。

「ピンチョス」という言葉の響きがすごく好き。スペイン旅行の時、長女に呆れられるくらい食べた本場のピンチョスの素晴らしさ、楽しさが記憶にあるからなのだけど、スペインのおちゃらけた感じと相まって、とろけそうな気分になる。

気分は工作

今日は急に思いついて作ったので、材料は家にあったものだけ。フランスパンは近くのパン屋さんに駆け込んだけれど。孫たちに手伝わせるといっても、小さい方はまだ2才9ヶ月。大きな失敗、小さな失敗全部目をつぶって何とかカタチに。それを持ってパパと一緒に帰って行ったけど、親孝行になったかな?

ピンチョス、ピンチョスと連呼したけれど、早い話が楊子つきオープンサンドイッチ。その楊子も可愛いヤツが行方不明。子どもの手作業+爪楊枝=お見せできないシロモノ……、なのだけど見せちゃう!

【プランスパンの上に乗せたモノ】
紙カツ(薄いトンカツ)、塩茹で海老、ハーブ入りウィンナー、生ハム、アスパラ、プチトマト、ゆで卵、サラダ菜

子どものパーティだったら、こんなピックで止めたい。出来栄えが2割増しになるかも。
それにしても、本場のピンチョスは美味しかったなー。ちゃんと料理したモノが乗っていたし。やっぱり「ピンチョスもどき」は止めて、オープンサンドイッチと訂正!

本当のピンチョスはこれです!
種類別に大皿にのったピンチョスがカウンターにズラーッと並んでるワケで、マリネだったり、揚げ物だったり、カットした生ハムだったり……(シュル←ヨダレ)。




コメント

コメントする

目次
閉じる