3月25日 お赤飯の日

この10年、3月25日は赤飯を作ることになっている。

今の家に越してきた翌年、隣のおじいちゃんと話をしている時、「ぼくの誕生日は3月25日なの」と小耳に挟んだ。

聞いたのは秋だったけれど、翌春の誕生日、驚かしちゃおうと赤飯を持って行った。

圧力鍋のお赤飯

当時78才のおじいちゃんは「蒸した正式の赤飯はどうも固くて口に合わない、好きなんだけどねー」とボヤいていた。

なので、圧力鍋で作ったインチキ赤飯(軟らかめ)を持って行ったら、こちらがビックリするくらい喜んでくれた。

ただ、「誕生日、覚えているモンね」というサインの赤飯プレゼントだったのに。

それに覚えていたのは義妹と同じ日なので、ただ忘れなかっただけなんだ。

目次

圧力鍋の赤飯

材料

  • 餅米  5カップ
  • 水    4カップ
  • ささげ 半カップ
  • 塩   大さじ1/2

作り方(圧力鍋)

  1. 餅米を洗い、15分くらいザルにあげておく(こうすると次に水に浸した時、良く水を吸うらしい)
  2. ささげを洗い、4カップの水と一緒に圧力鍋に入れ、ガスで加熱。
  3. 沸騰したら、中火で4分半加熱を続ける(蒸気が出るので、結構怖い)
  4. 時間がきたら、水を張った桶で急冷する。
  5. 蓋が開いたら、餅米と塩を入れ、水加減をみる。おおよそ米から上に3mmくらいに。
  6. 蓋をして、ガスで加熱。沸騰したら弱火で4分加熱。時間がきたら、そのまま蓋が開くまで自然に冷ます。

手作りのモノを容器に入れて行くと、「空では返せない」みたいな気分にしてしまうので、キレイな菓子箱に詰めて渡している。

ストックしておいて、中身や相手に合わせて工夫するのが結構楽しい。

だからお願い、箱は格好良くデザインして! 本来の中身が無くなっても、もう1度使いたいと思うような、そんな箱が最高。




コメント

コメントする

目次
閉じる