「サクサクかき揚げ」&「透明汁のうどん」

2020 3/29

伊東家ランド「台所の裏ワザ」にホトホト感心。

動画で見たので本当だ!とは思っていたけれど、とりあえず挑戦、「超簡単!かきあげをサクサクに揚げる裏ワザ!」。

ついでに、ちょっと自慢の関西風?透明汁のうどんを……。

サクサクかき揚げ&透明汁のうどん

今日試したかき揚げの材料は、桜エビ+長ネギ+春菊(冬ならいつでも作れる材料で)。

問題児はいつも春菊で、衣の濃さが原因か、「これよ、コレ!」と思うような仕上がりになかなかならない。

サックリ仕上がれば裏ワザから昇格させよう。多分ただ1つのポイントは、「揚げる途中菜箸で穴をあける」なので、至極簡単。

長めの菜箸で、ツンツンと突き刺すと、当然油通りが良くなって、揚げる時間も短め、で、中まですっきり揚がっていました。

葉物のかき揚げが好きなのだけど、他の材料との時間差攻撃に負けて、ポロポロに仕上がるコトが多い。

でも、これで万事解決。

三つ葉や人参の葉(コレは絶品。なかなか手に入らないけれど)と魚介類など、ベクトルの違う材料を組み合わせても、上手く揚がりそう。

そんなかき揚げに最高に相性がいいのが「うどん」(いや、逆だ)。

私のうどんは、汁の色がほとんど透明の上品ぽいヤツ。

初めて食べる人は、「これ、味付いてる?」ってたいてい聞くし、関東以北の人は、「こんなの初めて見た」と言う。

目次

関西風うどん

材料

  • うどん 2玉
  • だし汁 600cc
    (鰹+昆布の濃いめを。だしの素を使う時は、普段より濃いめに)
  • 塩 小さじ 1/2(+若干)
    ※私は1/2にホンのちょっと足すくらいが好みですが、塩辛くしてしまうと困るので、1/2入れて味見してから足す。
  • みりん 小さじ1
  • しょうゆ 3、4滴
  • ゆずの皮 少々

作り方

  1. だし汁を沸騰させ、塩・みりんを入れ、味を見る。
    塩味が足りなければ、足す。
  2. うどんを入れて、熱々になったら丼に移し、薬味を盛る。

※だし汁に調味料を入れて、長く煮立たせておくと、なぜか味がダサくなります。沸騰したら、サッサと仕上げましょう。




目次
目次
閉じる