今月のお題は「1年間の集大成!わたしのおすすめおだし料理」。その第2弾です。
ヤマキだし部最後のレシピなので、1番得意な料理?を紹介します。

と言っても、おかずになるモノではないので、反則かも?ですが…。

かき餅

お餅とかき餅は手作りで…

私はかなり長い間電気餅つき器で鏡餅やかき餅を作ってきました。
割と大きな餅つき器は母から譲られた東芝製。
「年を取って体力的に難しいから自分で作って」と実家から届いて早25年以上。

年の暮れには大掃除と餅つきが恒例となり、孫もぞうきんとしゃもじを手に大活躍してくれました。
かき餅
それ以上に活躍したのが私!(笑)

準備と片付けが結構大変で…。
前の晩にもち米を洗い水に浸す(何をどれだけ作るか決めなくちゃいけない)、ザルにあげて30分(次につく分はどのタイミングでザルにあげるか)、1回つく度に餅つき器全部を掃除(蒸気のための水を入れる部分や餅がべっとりついた羽根の掃除)…。

そんな大変さでもその餅つき器をなかなか可愛いヤツ!と思っていたのに、昨年末、鏡餅をついている最中に静かに逝ってしまったのでした。
(鏡餅は、孫娘の原始的な対応(麺棒でつく!本当の餅つき)でとりあえず完成しました)
鏡餅
餅つき器にはいろいろやってはみましたが、目覚める事なく永遠の別れとなりました。

年が明けて気温がグッと下がり空気も乾燥してくると、かき餅熱アップ。ダメ元でホームベーカリーの餅つき機能を使うことに…。

これが何とものすごく便利で簡単
餅つき器の大変さがウソのよう。

ただ、蒸してつく本当のお餅に比べ、粘りは少ないです。
が、かき餅の場合はむしろその方が良いので問題ナシ!
(来年の鏡餅はかさ高にできるか不安ではありますが)

1回に作る量は少ないけれど、それがまた良くて…。
今まではゴマ、昆布、黒豆の3種を一気に1~1.5kg作っていましたが、ホームベーカリーは最大420g。
量か少ない分、回数でこなすことになります。

これまで作っていなかったアーモンドや桜海老などにもトライしました。
思い立ったらすぐ作れるので、気分で何でもやってしまう…そんな感じです。

そして、ヤマキのだしパックも仲間入り
だしの粉入りかき餅が今日紹介するレシピです。

ヤマキのだしパックの中身が気に入って、だし汁にせず直接いくつかの料理に使いました。
不揃いの魚の粉の美味しさが最高。

だし入りかき餅

材料

  • もち米:420g
  • 水:240cc
  • 塩:小さじ1.5~1.75(好みで)
  • だしパック:1袋(中身のみ)
  • 片栗粉:適量(餅とり粉の代わり)

だし入りかき餅

作り方

  1. もち米を洗い、すぐホームベーカリーの釜に入れる。
  2. 水を加える。
  3. スタートボタンを押す。
    (我が家のホームベーカリーは50分で炊きあがり)
  4. その間に塩とだしパックの準備。
    (だしパックは焼きあごと焼き煮干の合わせだしを使用)
    だし入りかき餅
  5. 炊きあがりのブザーが鳴ったら、蓋を開け塩とだしパックの中身を振り入れる。
  6. 約10分間で出来上がり。片栗粉を振った上に餅を取り出す。
  7. すぐ2分割して棒状にし、形が崩れないように箱などに入れ、寒い場所に置く。
  8. 固くなったら、箱からだし、冷たい空気に触れるようにする。
    だし入りかき餅
  9. およそ中1日でカットしやすくなるので、硬さを見つつ薄切りにする。
  10. 紙の箱や新聞紙の上に広げ、干す! ひたすら干す!
  11. 2週間くらいで干し上がるので、焼いて食べる。
    (私は魚焼きグリル、娘は砕いてオーブン)
 だし入りかき餅は乾燥しきるまで食べない方が良いです。
乾く途中はヘンな味がして…、でもすっかり乾燥するととっても美味しくなります。
他のかき餅は乾燥途中も完成後も味に変わりはありません。

詳しいかき餅の作り方はこちらを参考に »

ポイント

  • だしパック以外には、ゴマ、昆布(細くカット)、黒豆、アーモンド(荒く砕いて)、桜海老なども美味しいです。
  • 干す時は重ならないようにする。
  • 気温が高めなら冷蔵庫に入れて乾かす。
  • すっかり乾くとあとは数年間、普通に持ちます

ヤマキだし部 1年間の集大成!わたしのおすすめおだし料理」

ヤマキだし部 1年間の集大成!わたしのおすすめおだし料理  かつおと昆布の合わせだし