今月のお題は「おだしでつくるおもてなしレシピ」。その第2弾です。
ご馳走をモリモリ食べる時期なので、体に優しいレシピを考えました。

食卓に並ぶ赤ちゃんも、歯の弱ったおばあちゃんも誰でも食べられる料理です。
ただし、若者には迫力不足で受けないかも?

あと、グニャッとしたモノが苦手な人もダメでしょう。
「グニャタン」と命名したのは、1口しか食べなかった夫です。
長い芋のふわふわグラタン「グニャタン」

グニャタン

材料(4人前)

  • 長芋:30cm
  • ネギ:1本
  • 甘塩鮭:1切
  • 枝豆:適量
  • 卵:1コ
  • だし汁:大さじ4
  • 塩:小さじ3/4
  • チーズ:100g

長い芋のふわふわグラタン「グニャタン」

作り方

  1. ヤマキ かつおと昆布の合わせだしで基本的なだしをとる。
  2. ネギは小口切りにして、炒める(甘みとコクのため)。
  3. 鮭はラップをしてほぼ気が通るまでレンジにかける。
  4. 茹でた枝豆をサヤから出しておく。
  5. 卵を割りほぐす。
  6. 長芋の皮をむき、すり下ろし、卵とだし汁を加え、空気を含ませながら箸でよく混ぜる。
  7. ふわふわになったら、ネギ、鮭、枝豆を加え更に混ぜる。
  8. 7を耐熱容器に入れ、上にチーズを散らす。
  9. 200度に予熱したオーブンで15分焼く。
    途中、焦げ目がきつくなったら、アルミホイルを上に置く。

長い芋のふわふわグラタン「グニャタン」

長い芋のふわふわグラタン「グニャタン」

長い芋のふわふわグラタン「グニャタン」

長い芋のふわふわグラタン「グニャタン」

長い芋のふわふわグラタン「グニャタン」

ポイント

  • 30cmをすり下ろすと言っても、長芋だからアッという間です。
  • おだしと塩だけの味付けですが、鮭やチーズのうっすらとした塩気で丁度よい加減になります。
  • ふわふわだけでは物足りない…なんて場合は、半分だけおろし、残りを麺棒などで荒く叩く程度で加えると良いかもしれません。

ヤマキだし部 おだしでつくるおもてなしレシピ

ヤマキだし部 おだしでつくるおもてなしレシピ  かつおと昆布の合わせだし

ご馳走の季節到来!
せっせと作ってモリモリ食べましょう(笑)