今月のお題は「おだしでおいしい一汁一菜レシピ」。その第2弾です。
今回は、主菜もお汁もだしパックで味つけしました。
なので、ホンの少々の調味料で味がバッチリ決まり、時短レシピとなりました。

鶏胸肉の和風炒め+エビ汁

鶏胸肉の和風炒めは、鶏胸肉をブライン液に浸けしっとりさせたあと、クセのある和の野菜を加え1菜でも飽きない味付けにしました。

エビ汁のポイントは、塩と片栗粉できっちり洗い、エビの臭みを取ること。
更に、だし汁に生姜を加え、さっぱり感を出してみました。

鶏胸肉の和風炒め

材料(2人前)

鶏胸肉の和風炒め

作り方

  1. 鶏胸肉をブライン液に浸ける。
    (ブライン液=お肉が浸るくらいの水に4%の塩と砂糖、すり下ろしニンニク少々を混ぜた液体)
  2. 鶏胸肉をブライン液から出し、キッチンペーパーで水気を拭き取ってから棒状にカット。
    (厚みを半分にしてからカット)
    鶏胸肉の和風炒め
  3. カットした鶏肉に◆を加え、揉み込んでから15分置き、片栗粉をまぶす。
  4. 大葉と茗荷を太めの千切りにする。
    鶏胸肉の和風炒め
  5. 熱したフライパンに油(分量外)入れ、油の温度が上がったら、鶏胸肉を広げるように投入。
  6. フライパンに当たる面の鶏胸肉に焼き色が付いたら、ひっくり返し、菜箸でほぐしながら更に炒める。
  7. 大葉と茗荷を加える。
  8. だしの粉1/3をふりかけ、よく馴染ませてから醤油をかけ回す。

ポイント

  • ブライン液の量(例えば200ccの水に対し、塩と砂糖は大さじ1/2です。
    すり下ろしニンニクはチューブを1cmくらいでしょうか…適当に。
  • ブライン液は鶏胸肉に限らず、モモ肉でもササミでも威力を発揮します。
  • 鶏肉をフライパンに入れたあとは下の面が焼けるまで動かさない。
    キレイな焼き色をつけるためと、(フライパンによっては)焦げ付き防止。
  • 短時間で仕上げるのが、美味しさのコツです。

エビ汁

材料(2人前)

エビ汁

作り方

  1. エビの殻をむき、背に包丁を深く入れ(出来上がりがクリッと丸くなるよう)て開く。
    背わたも取る。
  2. 塩と片栗粉(共に分量外)でエビをよく揉み、流水で洗う。
    エビ汁
  3. レタスを太めの千切りにする。
    エビ汁
  4. 玉子を割りほぐす。
  5. 鍋に水とだしパックをいれ火にかけ、沸騰してから3分煮る。
  6. そこに塩とみりんを加え、薄切りの生姜を入れてエキスを出す。
    エビ汁
  7. 生姜を取りだし、レタスを入れて再沸騰したらエビを投入。
    エビ汁
  8. エビが赤くなってきたらひっくり返し、同量の水で溶いた片栗粉を入れて混ぜる。
    エビ汁
  9. 少しとろみが付いたら、箸を伝うようにして少量ずつ玉子を鍋に入れる。

ポイント

  • エビは片栗粉や塩でしつこいくらい揉んで、臭みを取る。
    とくに汁物の時はこの処理で出来栄えが全然違ってきます。
  • 生姜好きなら、取り出す必要はないですが、その場合は千切りなど小さめにした方が食べやすいです。
  • しっかりだしをとり薄味で仕上げた方が、エビやレタスの美味しさがアップします。

ヤマキだし部 おだしでおいしい一汁一菜レシピ

ヤマキだし部 おだしでおいしい一汁一菜レシピ  かつおと昆布の合わせだし

おすすめの記事