今回のお題「おだしを活かしたパスタレシピ」の第1弾。

ランチの献立に困ったら、パスタ!
買い物がおっくうな日は、パスタ!
余力がない日は、やっぱりパスタ!
年間どれだけパスタを食べるコトか?

ソースを変え、調理法を変え、食材を変え…まぁどのようにも変化するパスタは麺の万能選手です。

じゅうじゅうパスタ

じゅうじゅうパスタ

材料(1人前)

  • パスタ:100g
  • 三つ葉:5本
  • 大葉:5枚
  • 小ネギ:3本
  • 生姜:半片
  • 桜エビ:大さじ2
  • ヤマキ「かつおと昆布の合わせだし」:1パック
  • 醤油:小さじ1/3
  • オリーブオイル:大さじ2

作り方

  1. 塩(大さじ半分強=分量外)を入れた鍋を沸騰させ、パスタを茹でる。
  2. 三つ葉、大葉、小ネギを粗みじんに、生姜をみじん切りにする。
  3. パスタがゆで上がったら、ザルで水分を切ってから皿に盛り、2の材料を上に盛る。
  4. 小鍋にオリーブオイルとだしの中身、醤油を入れて煮立てる。
  5. 小鍋から薄く煙がでたら、盛りつけたパスタの上から一気にかけて混ぜる。
  • 桜エビではなく、じゃこでもしらすでも、ベーコンでもハムでも…(超いい加減に)
  • オリーブオイルはぶくぶく小さな泡が立つくらいに熱くして~。

だしパックでも、中身がサラサラだとイマイチです。

中身は原材料のまま細かくくだいているため、一部荒い粒や骨、皮などが混入していることがありますのでご注意ください。

と、ヤマキさんは書いているけれど、ここが私のお気に入り。骨の欠片があったり、粉の部分があったり…な変化のあるテクスチャがいいです。
オリーブオイルで揚げた状態になった時の食感が良くて、すごく美味しく感じます

じゅうじゅうパスタ

じゅうじゅうパスタ

▼オリーブオイルはスペインのもの。香りがよくて、熱を加えるのが勿体ない感じ。

じゅうじゅうパスタ

じゅうじゅうパスタ

じゅうじゅうパスタ

▼ちょっと焦げた「だし」がとっても美味しい。

じゅうじゅうパスタ

これを作ったあとはキッチンにだしのよい香りがただよいます。
かつおや昆布の香りは「私、日本人だ」って、思い出させてくれます(いや、コテコテの日本人なんだけど…)。
おだしを活かしたパスタレシピ

おだしを活かしたパスタレシピ  かつおと昆布の合わせだし

おすすめの記事