今年の鏡餅は過去最高の自信作。次女宅に嫁入りした直径25cm以上の大物は、姿も美しく存在感もバッチリ。我が家のはちょっと小振りに慎ましく…。鏡餅の本当の楽しみは、役目を終えた後、揚げ餅と化して我が口に入るまでのアレコレだったりするのでした。食いしんぼー過ぎる!

鏡開きの破壊王次女宅の大きな鏡餅&孫娘が作った本人用鏡餅孫のトンカチで思いっきり粉砕される鏡餅。

破壊って行為は興奮しますねー。彼もきっと……

よくしたもので、鏡餅は鏡開きの少し前あたりから、ひび割れが始まります。ひびが大きくなってきたなーと思う頃、待ちに待った鏡開き。今年は寒いせいかカビも生えず、完璧な干からびようでした。

鏡餅、丸餅、かき餅粉砕した鏡餅粉砕した鏡餅

それを、ザルの上で思いっきり、割ったり、叩いたりして欠片にし、そのまま干します。干すと言っても、ザルか新聞紙の上に欠片を散らし、寒い部屋の中に置いておくだけ。

側を通る時にちょっと立ち止まって大きめの欠片をポキンを割ったりして、徐々に小さな欠片にしていきます。割れにくい部分も乾燥が進むと、簡単にポロリ。

そして、今頃になると更に乾燥が進み、揚げ頃となります。なるべく小さな欠片を選び、中火未満くらいの柔らかな火加減でじっくり揚げます。急ぐと中心部に芯が残るのでご用心!

揚げ餅揚げ餅揚げ餅

油から上げたらすぐ塩を振るか、醤油をスプレーして味付けします。今日は、お土産にもらった飛騨高山の「焼き肉塩」と使ってみました。

何でこんなに美味しいんだろうと最後まで自画自賛の鏡餅でした。

おすすめの記事