かき餅の作り方チェック

今年最初の料理

おめでとうございます。

この年になると1年が羽をつけて、ビュンビュン後に飛んでいきます。

お正月は「去年」をゴッソリ持って行かれた観もあり、複雑です。が、気持ちがリフレッシュされるのは確かなようで…。

今年1番最初の大仕事はやはり料理作りでした。

義母+妹一家+次女一家を招待し、元日を祝いました。

総勢10名の口が喜ぶような献立作りを大晦日から初め、賑やかに膳を囲みました。味はともかく、大勢で食事するってホント楽しいですねー。

グルメ杵屋 20000円のおせち

お正月を自宅で過ごす事が長い間出来なかった(1人暮らしの実家母のため帰省)ので、おせちを作ったのは初めて。

自分のキッチンで作る料理には結構チカラが入りました。

勢いついでに市販のおせちまで注文。

見た目は豪華になりましたが、これは必要なかったかも?と。

私の料理が勝っていたワケは絶対無いのだけど、みんななぜか手作り料理に手が伸び、結果、市販おせちがほとんど残ってしまったのでした。

自分が招待されても、やっぱり手作り料理に手が伸びるだろうと思うので、当然の成り行きか?

手作りの美味しさが何よりと改めて思った次第。

献立は統一性のない、変則おせち。短時間で作れ、見栄えがしそうで、多分美味しく出来上がりそうなモノ、こんなコンセプトで決めた料理です。

おせちの定番(煮しめ・黒豆・きんとん・数の子)
目次

定番おせち

  • きんとん…料理上手な姉は「あんな簡単なもの…」と。
    実際簡単でした。甘さの調節も出来、最高。
  • 黒豆…途中まで花豆を煮る要領で煮てしまって大失敗。
    これじゃ「黒」が抜けて、茶豆となりそうと気づき、急遽煮汁にシロップを加え煮詰めました。
    「まだら黒豆」の出来上がり。
  • 煮しめ…これがなんと嘗てない美味しさに仕上がり、褒められました。
    お調子者なので、帰る妹と次女の荷物に忍ばせました。
  • 数の子…以前友だちの家でだされた塩抜きしただけの数の子+おかかが気に入って、今回もそのように。
    おかかは直前に削ったモノ。
お正月の食卓
生春巻き・オイルサーディン・かまぼこの薔薇
カンパチのサラダ
五香粉を使った唐揚げ
手まり寿司
お正月 楽しいひととき

とりあえずご馳走風の料理

  • オードブル…海老やカニを使った生春巻き・かまぼこの薔薇(クックパッド参照)・大葉+オイルサーディン+梅肉+レモンを重ねたモノ。
  • ハマチのサラダ…千切りにしたレタス・大根・きゅうり・セロリに薄切りハマチとコーンフレーク(揚げ春巻き皮の代わり)、砕いたカシューナッツ
  • 鶏の唐揚げ…いつもの調味料(酒・しょう油・ショウガ)に五香粉を加えてみました、中華料理っぽく。
  • 牡蠣のオーブン焼き…生牡蠣に、パン粉・粉チーズ・ドライ粉ガーリック・自家製乾燥バジルの衣をつけ、オーブンの天板に並べる。
    上からオリーブオイルをかけ、180度で12~13分焼く。
  • …ボイルタラバガニ
  • うどんすき…と思っていたのだけれど、うどんを買い忘れた。ハマグリや海老、各種野菜、練り物などを鍋としていただく。全くねー。
  • 手まり寿司…大葉とスモークサーモン・海苔とカンパチ・海苔とトビッコ
  • 次女が持参した煮豚レンコンサラダ
  • 妹持参の菊正の卵焼き数の子タラコ

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
上へ
目次
閉じる