白いんげん(白花豆)のトマトシチュー

白いんげんのトマトシチュー

せっかく美味しい豆をもらったので、半分ずつ「煮豆」と「トマトシチュー」にしてみました。

トマトの味が苦手なので、私はいつも作るだけ。味見もロクにしないのに案外いつも好評で、トマトはエラい!と常々思っています。

軟らかくなるまで全量を一緒に煮て、煮豆とシチューに分けたので、仕上げはどちらもあっという間。

全然別物が途中まで一緒って便利ーッ。

今日のシチューは冷蔵庫の掃除か?という感じ。

野菜室にある切れ端を適当に切ってボコボコ鍋に投入。グツグツ煮て、トマト缶とチキンブイヨンで味付け。適当に火が通ったら、料理布団に包んでゆっくり冷ます(なるべく冷まさない)ようにしておけば、手間がかからず食べ頃のシチューが出来上がります。

目次

白いんげんのトマトシチュー

材料

  • 白いんげん 半煮え
  • セロリ
  • 人参
  • カブ
  • キャベツ
  • ベーコン
  • チキンブイヨン
  • トマト缶
  • 乾燥バジル
  • 塩・コショウ

作り方

軟らかく煮て、味を調える。

それだけ。秘訣もなにもありません。

野菜が美味しいスープを作ってくれますから。

例えば、朝のビーフシチューは勘弁して欲しいですが、やさしい食材で作ったトマトシチューなら朝でも昼でも夜でもOK。

ランスパンやパスタにもピッタリ。体は温まるし、栄養抜群だし…冬にはすごく良いと思う(私はほとんど食べないので、ちょっといい加減な発言)。




コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる