嬉しいお客さま&嬉しくないお客さま

12月下旬、長女夫婦がスペインから帰国した。猫好きな2人は、ぐーちょニャッキを見ては「かわいい~」「Kawaii」を連発して帰って行った。

今頃、自分たちの飼い猫(ChibiとToto)を抱きしめて、3倍くらいの熱を込めて同じ言葉を発していることと思う。

娘ムコとぐーちょ
リュックの中のぐーちょ
リュックの中のぐーちょ

さて、お客の多い年末年始をぐーちょニャッキはどう過ごしたかである。

ぐーちょはもうすっかり人に馴れてしまったので、誰でも平気。ズンズン自分から近づいて行って、ゴニョゴニョ甘えて有頂天。お客が帰った後も興奮が止まず、ハイ状態がしばらく続くコトもあった。

そんな次の日は決まって爆睡する。延々と昼寝するほど疲れまくっているわけだ。

片や、今だ人に馴れずビクビク暮らしているニャッキには地獄の日々となった。一時はかなり人慣れした風だったのに、膀胱炎で病院に連れて行って(多分)からまた強い警戒心が戻ってしまった。

ものすごく甘えん坊なのに、どこかビクビクした感じなのだ。私や夫がちょっと早足で側を通っただけでも、ビクッと体を震わせ逃げたりする。

いくら何でもと思うのは、夫がリビングに入ろうとすると、必ず一旦逃げて隠れる。夫とわかると(もちろんすぐだけど)、そろそろと出てきて膝に乗ったり、抱っこのおねだり。

毎回その繰り返しっておかしくないかぁ~?とニャッキに問いたい。「とりあえず逃げる」がクセになってしまったのだろうか?

本題に戻ると、長女夫婦や次女家族にはそれなりの対応(ほぼ隠れているけれど、たまには顔を出す)するニャッキだけど、元旦は総勢12人のお客で賑わうリビングに居られるワケもなく、水とトイレと共に私の寝室に隔離した。

いつ様子を見に行っても、掛け布団の下に潜り込んでいたけれど、ぐっすり寝ている時もあったので、それほどの恐怖は感じていなかったと思う。

ちょっと辛い年明けになったけれど、今年こそニャッキがビクビクから解放されるコトを強く願うのだった。

冬休みも終わり、我が家も2人と2匹の通常の生活に戻った。途端、元気いっぱいのニャッキ

ニャッキは爪を切らせない。爪を確認した途端に大暴れするので、今まで2本くらいしか爪切りに成功していない(抱きつかれる度にみみず腫れ、洋服は垂れた糸だらけ)。動画の最初の部分は、自分の長くとがった爪に困っている様子。

2匹のためにコタツを出した。角を1ヶ所開けて(座布団は重り)出入り口に…。

電気のスイッチを入れたいのだけど(自分のために)、そうすると2匹とも怖がって(と思う)すぐに出てしまう。

私は温かくないコタツも我慢する健気な飼い主なのだ。我慢が嬉しい飼い主とも言えるけど…。

関連記事

5 件のコメント

  1. ちびの事、いつまでも若くてかわいいと思っていたけれど…。

    帰国した日にお迎えに行って家に帰ってきてホッとしたら涙が出た。
    ぐーちょとニャッキの若さを目の当たりにした後、あとどれぐらい一緒にいられるんだろうって。「ロマンには泣くな、ちびはママ(私)が大好きで毎日幸せなんだから」って言われたけれど。

    いつまでも元気でいてほしいな…。

    • 人でも動物でも、いつまで一緒にいられるかわからないよ。好きな相手の近くにいられるコトを感謝するしかないね。「いつまでも元気で…」と思う気持ちは、自分をちびの飼い主として正しく導くと思うよ。

      トロが逝っちゃった時は辛かった。パパともずっとトロの話ができなくて…、9年たった今頃になってやっと時々トロのコトを話したりする。2人とも涙目になるし、可愛いと思う気持ちも全然変わらない。でも、少しずつ忘れている部分があって、それがまた悲しかったり、そんなもんだと思ったり…。

  2. 私はね、トロの話はロマンにはいっぱいするし、したよ。もう何度も同じ話を聞いてもらったと思う。
    ご近所のチビ、デク、まみちゃんの話もロマンは知っている。

    月曜日に実家に猫がいるという友達がランチを食べに来て、猫のいる生活がうらやましい…と、チビとトトをなでくりまわして帰って行った。

    スペイン生活の苦楽をほぼ一緒に過ごしてきたバディ、いなくなったらどうしよう。長生きしてほしい。

  3. こんばんわぁ~♪

    わぉ~大変なお正月だったのですね。スペインからの里帰りお母さまは嬉しかったですね(*^-^*)
    ニャッキちゃんは少し大変だったのですね。

    我が家も孫はまだ小さいから、追いかけまわしたりするから即ダッシュで逃げます。かわいそうに孫が帰るまで2階から降りてきません。どうして分かるかと思うけど、昼寝したりするとこれまた即おりてきます(笑)

    私も旅行など出かけると一日目は楽しいですが二日目になるとどうしてるかなと気になります。友達に何時もまた始まったって笑われます

    • hana_hanadesuさん

      こんにちは! コメント、ありがとうございます。

      本当にテンヤワンヤでした。私の忙しさはともかく、ニャッキがねー、お客嫌いでホント困ります。ぐーちょみたいにドンと構えていれば、ニャッキ自身もお客さまも気分良く過ごせるんですが…。でもまー、人それぞれ、猫それぞれなので仕方ないです。

      お孫さんが少し大きくなったら、女子2ニャンさんと大の仲良しになるかもしれませんね。我が家も、ニャッキと孫の距離が縮まる(ニャッキから歩み寄る)日を心待ちにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください