canonicalHTML で制作されたホームページを WordPress でリニューアルするとか、新規サイトを WordPress で制作する間トップページには公開予告を表示しておきたい…なんて時に、index.html と index.php を併用しないといけない場面がよくあります。

WordPress のサイトのアドレスを、「http:// ドメイン名」にしているので、制作中のサイトを「http:// ドメイン名/index.php」で確認しようとしても、リダイレクトされてしまうから…。理屈はよくわかります、でもねー。

でも、救世主はネットの中にお住まいのようで…。「同じディレクトリにindex.phpとindex.htmlを混在させる」の中に解決方法がありました。

転記すると、wp-includes/canonical.phpの208行目(管理者注=バージョン3.1.4 では286行目)の

$redirect['path'] = preg_replace('|/index.php/*?$|', '/', $redirect['path']);

をコメントアウトする、です。

もちろん、管理画面上部のサイトタイトルなどをクリックすると、「http:// ドメイン名」になってしまうので、アドレスバーに「http:// ドメイン名/index.php」と打ち込まないとダメですが。

WordPress のサイトが完成した時に、頭を塞いでいる index.html を削除するだけで公開できるのは本当にラクチンです。