すっごく便利なプラグインを見つけた。ウィジェット部分の不自由さをそこそこ解決してれる「Category Posts Widget」 。WordPressってこういうモノ、とウィジェットの使いにくさを諦めていたのだけど、このプラグインで私のやりたい事が実現した。
 
「Category Posts Widget」は、ウィジットへの追加でサイドバーなどに特定カテゴリの一覧を表示させるプラグイン。どんな時に使うかというと(どんな時にも使えるけれど)、【1】サブコンテンツを省き、メインコンテンツだけの最新一覧を表示したい、とか、【2】メイン部分には特定カテゴリを表示させず、サイドバーにその特定カテゴリの一覧を表示させる(WordPress内を2つの内容に分割した時)など……。
 
 「Category Posts Widget」使用画面私がやりたかったのは、メイン部分にブログを、サイドバーにネットで見つけた情報を、キッチリ棲み分けたレイアウトの実現。ブログ部分は(貧弱だけど)、大事な部分なので、それ以外の記事で汚したくないわけで……。でも、同じブログ内に、集めた関連情報も載せていきたい……そんな欲張りな願いを叶えてくれたのが「Category Posts Widget」。
 

【使い方】

1.「Category Posts Widget」からダウンロード
2.圧縮ファイルを解凍し、プラグインフォルダにアップロード
3.管理画面で有効化
4.ウィジェット画面に追加された「Category Posts」項目を任意の場所にドラッグ&ドロップ
 

「Category Posts Widget」の設定画面

「Category Posts Widget」画面画像のように、任意に設定できる項目があり、用は足せた。
 
見てわかるように、プルダウンメニューで設定したカテゴリを選ぶ。つまり、1つしかカテゴリは選べない。複数表示させたい時は、「Category Posts」を必要な分だけ、必要な位置に置いてやればいいってこと。
 

「Category Posts Widget」のまとめ

カテゴリを利用して、サイドバーなどを有効に使うには、「Category Posts Widget」はとても便利。設置が簡単だし、複数の設置もOK、表示させる項目をある程度好みに出来る。
★★★★★

「Category Posts Widget」のダウンロードはこちら