有名サイトなので、雑誌などでご存じの方も多いと思います。私もクロワッサンだかに掲載されていた記事で知りました。雑誌中の記事はあくまで穏やか。でも、食卓や台所の料理がレストランのよう。

ばーさんがじーさんに作る食卓
こんなにフツーにすごい料理をしてしまう人がいるんだと。それをご主人が丁寧な文章で紹介していて、夫婦生活の理想みたいなモノが漂っていますよ、このサイト。食材の写真も、その向こうに見える風景も、もちろん料理もすべてがあこがれの対象です。

お料理の方は、もうアマチュアを超えています。アイデアや素材の使い方はもちろん、その丁寧さ、手抜きの無さには迫力を感じますねー。安短単(安くて・短時間にでき・簡単な手順)がレシピ選びの基準になっている私には驚きの世界です。反面、時間があったら(あってもやらない人はやらないけど)、こんな丁寧な食事を作ってみたいと心底思うのですが……。

お野菜と厚揚げのカレー」  こんなカレー、家で食べた(作った)こと、ありますぅ?

2008年8月23日は愛犬ジャクリーンの死が伝えられていて、一昨年愛猫をなくし未だ立ち直れない私は涙、涙……。合掌

【出版された本】 『いつも、ふたりで ばーさんがじーさんに作る食卓』講談社MouRa ¥1365 ISBN:4-06-213687-2
いつも、ふたりで ばーさんがじーさんに作る食卓

おすすめの記事