何はともあれ、料理は塩だなーとこの頃よく思います。適当に使っていた塩を見直すきっかけは、スペインに住む(「食べるコト命」みたいな)ムスメのキッチンと、彼の地で見つけた珍しいお塩たちでした。

スペインで買った味付きの塩ムスメの家では上げ膳据え膳ときどき外食、のお姫様暮らし。でも、キッチンのチェックは怠っていません。

いちいち、「これ何?」と聞き回っては、自分の台所と比べたりしていました、ヒマだから(食事の前に、食べる事を何にも考えなくていい生活って最高!)。

ムスメのキッチンのスパイスたち住む国も年齢も違えば、当然いろいろ違っていたのだけれど、もっとも違っていたのが調味料の種類だったような? その中で、帰国したらすぐ真似ようと思ったのが「お塩」。味付けする時、コショウのようにお塩を挽くヤツをムスメは使っていました。料理上手も手伝って(なんせ「食べるコト命」ですから)、それが無性に美味しくて…。

そう思っていたからか、カルフールでスペイン土産を探している時、すーっと調味料の棚に目が引き寄せられ、すっごく珍しいお塩を見つけたのでした。上の写真、パプリカ、キノコ、レモン、黒(って何?)の4種類のお塩です。

パプリカの塩黒塩レモン塩はチキンや白身魚のソテーを絶品にしてくれるし、キノコやパプリカの塩は、例えば炒めたご飯に振り入れるだけスーパー美味しい洋風焼き飯になるのでした。黒塩は、おかゆに散らすと海苔のようでちょっと笑っちゃいますが、なかなかイケます。

お塩3兄弟以来、結構な塩持ち主婦になった私。現在は、4種のスペイン塩に加え、こんなラインナップ。スパイス&ハーブ塩クレイジーソルト

以前は何がなんでも「クレイジーソルト」の私でした。手間暇かけず何でも美味しくしてくれるので、延々とマイブーム。スペイン塩のお蔭でその呪縛から解放されました(笑)。

これだけと思っていたけれど、まだあった。天ぷらを100倍美味しくしてくれるお塩(天つゆを作る手間を省いてくれるお塩=笑)。

おすすめの記事