普段使いの食材で、豪華な食卓を演出できたら、良いと思いませんか? パーティーの日も、お財布に負担をかけずに、それなりの料理を整えられたら、今よりもっと料理が好きになりそう。そんな料理サイトを見つけてしまったんです。

「フレンチシェフの直伝レシピ」が売りの「フード・クチュール」がそれ。

フード・クチュールはニューヨーク、マンハッタンの一流フレンチレストランで修行を積んだ二人のシェフが生み出したオリジナルレシピのサイトです。

どこにでもある何気ない食材も、ちょっとしたアレンジで豪華メニューにドレスアップ!一見敷居が高そうに見えるおもてなしレシピも二人のシェフがわかりやすく説明します。

と、ホームページにあるように、どの素材も手に入りにくいなんてコトはないよう。私が使ったら、いつもの変わりばえしない「おかず」になりそうな素材が、フレンチレストランのディナーのようなっていました(笑)。

それでいて、作り方が難しいというワケでもないので、充分私でも取り込めそうな感じ。
私が作った「大根おろしのドリア」と、感じたから、即行アクション。で、メイン料理の中の「大根おろしのドリア」を作ってみました。

ちょっと意表をつくこのタイトル。大根がドリア?? でも、作ってみたらものすごくマッチするのでした。いやー、驚いたッ。

和風でも洋風でもない、でも馴染んだ味で抵抗ゼロ。トロッとしたしっとり感は大根のせいかしら? ソースを作る段階で、すでに大根を忘れます。もうすっかり普通のグラタンを作る感じ。こんなに馴染んで良いの?って大根に言いたくなるくらい。

ホワイトソースを作る時、いつも気を使うのが塩加減。ちょっとでも塩辛さを感じると、もう失敗と思うし、かといって塩気が足りないのは論外。で、なかなか「やったー」と思える時がないです、レシピ本の分量通りでも。

でも、「大根おろしのドリア」の塩気は、昆布の佃煮。失敗しようがないです。佃煮の旨みも一緒に加算されるので、とってもまろやかなドンピチャの味。本当に、美味しかったです。

フード・クチュールの料理の数々フード・クチュールはこちら

フード・クチュールサイトは、前菜、サラダ、スープ、メイン、ベジタリアン、パスタ、ブランチ、副菜、デザート、その他の10コのカテゴリに分けられています。

「その他」は、ジャムやソースやドレッシング。これがまた、役に立ちそう。必見のページですよ。

いつもの素材で、いつもと違う料理が作れたら、すごく嬉しくないですか? それも超オシャレに。

立派なお皿がなくても、盛りつけ方を真似したら、それなりの見栄えになると思うのですよ。

おすすめの記事