気温が下がると、途端に温かい汁物が欲しくなります。美味しい汁物は、上手な「だし」が最大のポイントですよね。で、銀座に行ったついでに、有楽町まで足をのばし、交通会館2階の「だしCafe」(閉店しました)に寄ってきました。休憩を兼ね、濃厚なだしで出来たお吸い物をご馳走になって、改めて、本格手作りだしの凄さを実感しました。

だしCafe店舗内のカウンターに行くと「お味噌汁とお吸い物、どちらがいいですか?」。だしをより感じたくて、お吸い物にしてもらった。

お椀に半分ほどのお汁から、堪らなく懐かしいだしの香り。料理感は鈍い私だけれど、それでも「これは美味しいゾ」とわかる感じ。

窓側のカウンター席と中央の大きなテーブル。そこここに、だし関係の展示物や本や動画。疲れた足を休め、美味しいお吸い物をいただき、だしの本などパラパラめくって、何だかとっても幸せな気分でした。

だしCafe三省堂書店は混雑していたのに、ここはガラガラ。みんな知らないのじゃないかしら?なんてのは余計な心配だけど。

だしの美味しさを無料で味わえる、日本初のカフェ始めました!

昆布・かつお節・煮干しから取っただしで飲む味噌汁・お吸い物をお楽しみ下さい。

でも、折角味の素さんが言ってくれているんだし、清潔でゆったり、だしコンテンツ満載のこの空間を見逃したら勿体ないですよーっ。
だしCafeだしCafeだしCafeだしCafe

おすすめの記事