メチャクチャ凄いキャラ弁を作る方がいますね。芸術的なキャラ弁には、料理と絵心両方の才能が必要。ホント、感心しちゃいます。でも凝りすぎのキャラ弁はちょっと遠慮したい(食欲失せそうで)。ユルーい感じや、ほのぼのしたキャラ弁ならニッコリ笑って食べたくなりますけど。いやいや私が食べてどうする。孫たちのために作りたいと思っているのに。

美人主婦にアニメキャラクターなどを弁当にする「キャラ弁」を目の前で作ってもらいました

この作り方もそうですが、キャラ弁作りの必須アイテムは、海苔、スライスチーズ、ハム。それ以上に重要なのがピンセットのようです。キャラ弁用の型抜きがいろいろ市販されていますが、あれは無くても何とかなりそう。小技を聞かす時に欲しいのは、ストローと唯一目を作る型抜きかな? 

美人主婦さんのキャラ弁で1番好きなキャラクターは「どんぐり」。アイデアもカタチもシンプルで、それゆえグッときます。だけど、本当に目が釘付けになったのは、オマケで紹介されている「くまかれー」(← 必見。上記ページの下の方)。これは絶対ものにしたいですぅ。

めがね君私が初めて作ったキャラクターは「小さな子どもの誕生日は…」のめがね君。ユルい、ユルすぎる! それでも竹輪のメガネを思いついた時はヤッターって感じだったのですが、こんなの誰でも浮かびますよね-。それにこれじゃ、有名なキャラクターじゃなく、その辺のおばさん(いや、よく見ると私だわ)キャラクター。孫たちの喜び方がイマイチだったのは、そのせい? やっぱり有名なキャラクターないし、一目で何とわかる動物を作らなくちゃ。アイデアがないから人の真似をしよう。以下、真似たいキャラ弁サイト。

bento #65: Where the Wild Things Are #2AnnaTheRedさんのキャラ弁
「flickr」に掲載されたキャラ弁の写真
この方のキャラ弁は凄い。独創的。このページ内の「Totoro Cream Puffs!」はもうメチャクチャかわいい。写真の下に「How to make these! 」とあるので、英語のわかる方は是非作ってみて下さい。あっ、説明文の下に写真が……。私にも作れそう。肝心なのは、絞り器から出す感じと成形の仕方だから。時間がある時に、全キャラクターをじっくり拝見しなくちゃ。

お弁当アートの新作写真の数々!相変わらず芸術作品の域です!
※ペンギンと寝ている熊ちゃんが好き。

短時間でかわいいキャラ弁当
※ハロウィンのキャラ弁は怖いデスねー(笑)。

幼稚園弁当 キャラ弁

おすすめの記事