言葉で説明するのが難しいくらい、「kusudama ● レシピ」はステキです。レシピの良さと、サイトの面白さにハマってしまって、私はトップページのマカロニのように、このサイト内を行ったり来たり……。

kusudama ● レシピいや、でも最初はマカロニに、2、3分は釘付けになりましたけど。レシピのメニューをクリックしたら今度は、アレも見たい、コレも見たい……そんな感じで足早に見まくりました。よく考えられた機能満載のサイトで、見たいモノを見るのに、全くストレスがないです。無駄に高機能なサイトが時々ありますが、その対局。訪問ユーザーがどう動くか、何を望むか……そんな事をトコトン考えて作られているような。

メニューの分類も、「そうそう、こんな風だと見たいレシピに一直線だわ」と思わせます(寄り道いっぱいしましたけど)。目的のカテゴリをクリックすると、出来上がりの写真がズラーッと並びます。写真にオンマウスで料理名。右上方にそのカテゴリの料理数、矢印をクリックすれば右に左に移動し、端っこの料理にも目がいきます。

写真をクリックするとレシピ登場。デフォルトでは文字が小さい(年なのですみません)けれど、文字を大きくする機能が右上に。左側には、「前後の料理へのリンク」「プリント」「携帯へ送る」機能のほか、「同じ食材のレシピ」リンク。そこをクリックすると、今度はその食材を使った料理が一列横隊で現れます。まあ、説明し出すとキリがないですが、私が最も気に入ったのは、レシピメニューの左端にある「新着レシピ」。クリックすると、メチャクチャ大きな画像で、料理の写真が上に流れます。もちろん、気になる料理の上でクリックするとレシピへジャンプ。

飽きないです。いくら見ていても飽きません。もうレシピをゲット!という段階を越えてしまった私。それはそうとして、話を戻すと、何と言ってもこのサイトの魅力は、すばらしくステキな料理たち。コジャレていず、ダサくもなく。手抜きではないけれど、難しそうでもない。で、ちょっとおしゃれ。実に心得たレシピ軍団です。グッと抑え気味の写真がまたステキで。

その他、読み物として「美味しい日本史」(実にためになる)、「目で見る食」(とても面白い写真)。

kusudama ● レシピ

おすすめの記事