かの「はてな」はいろいろな意味でユニーク。「はてな」サイトのコンセプトも独創的だし、社長の姿勢も独特(以前、NHKのテレビ番組で知った)。と、いつも思っていたのだけど、ナンと京都オフィスではランチをスタッフが作っているらしい。本業じゃない部分(否、すべてのコトが本業!と思っているのかも?)もユニークなのね。まったくもって楽しそうな会社だわ。

はてな「まかない日記」はてなのまかない料理は、あり合わせの材料で作った「地味だけど美味しそう」ってヤツではなく、キッチリ準備された材料で作られた「派手で美味しそう」なタイプです。イメージで言うなら、カフェランチ。その上、まかない人さん達がエラく楽しそうで、出来上がった料理にはたっぷりの笑いと余裕が、調味料のように混ぜ込まれているように感じます。うん、若かったら、こんな会社で働きたかったなー。話がハズれました。

軌道修正してレシピのコトを……。それがビックリするくらいバラエティに富んでいて、主婦でもなかなかこうはいかないと感心しました。「「おいしすぎる」と噂の鶏もものマヨポン酢炒めと、豆腐のネバネバサラダランチ」とか、「鮭と白菜のクリームシチューと、夏野菜とコンソメゼリーのサラダ」とかとか。タイトルを見ただけで、力の入れっぷりが想像できます。我が家の休日ランチを思い出したくないなー。

かといって、時間をかけた凝った料理ってワケでもないです。普通の人が普通に真似できる材料と調理手順。オマケに普段は40人分くらい作る料理を4人分のレシピにして案内されています。調理中の写真はあまりないけれど、出来上った料理から何となく手順の絵が浮かぶ、そんな感じですかねー。

ともかく作ってみたくなるレシピが沢山。それもセットで案内されているのがすごく良いですね-。食卓の風景を想像しやすいもの。

まかない日記(はてな)

おすすめの記事