ウィンナーは自由自在。ちょっとの工夫で価値倍増の優れモノ。子ども達が小さい時のお弁当に、よくウィンナーを入れた。私の定番は、半分に切ったウィンナーの切り口を、根元(丸い方)を残し縦に6つに切り、切った方から楊子をさす。突き出た楊子の先にウズラのゆで卵をさして、まぁ、無理があるかもしれないが、「タコ」ということにしていた。

キャラ弁やキャラ料理が大流行のこの頃。ウィンナーの形も開発が進んでいるみたい。ウィンナーに対して1芸しか持ち得なかった私は、ネットで見つけたウィンナーのバリエーションに腰を抜かしました。この内の幾つかをマスターしていれば、もっと楽しいお弁当が作れたのに……、残念です(って、楽しいお弁当を作るのがすきだら)。

ウイニーで飾り切り(ニッポンハム)
※動物園バージョンとビーチバージョンあり。ウィンナーデザイナーがいるかもしれない(笑)。
 

ウインナーで作る!!わくわく飾り切りランド(伊藤ハム)
※作り方を動画で説明しているところが、新米ママ&パパにはピッタリかも?
 

伊藤ハム ウィンナーの飾り切りコンテスト(labilabi)
※ゆで卵との合わせ技で、愉快な世界をつくっています。キャラ弁も嫌みがなくていいなー。
 

それにしてもなんですが、ウィキペディアは意外にお茶目かも? 「たこさんウィンナー」の項目があるですよー。さすがに「うさちゃんウィンナー」はありません。っていうか、ウィキペディアで認められている飾りウィンナーはたこさんウィンナーのみ。たこさんはチャンピオンのようです。
たこさんウィンナー

おすすめの記事