新鮮なインゲンを温サラダにしてみた。やっぱり新鮮だと蒸し上がった時の弾力が違うよう。軟らかすぎず、固すぎず、良い感じに仕上がりました。やっぱり、料理は素材ですねー。特にサラダのような単純なモノは、まんま素材を食べる感じがします。

インゲンの温サラダ温サラダの作り方は至って簡単 (2人前)

■野菜(ジャガイモ、人参、キノコ類、トマトなど)…4~5mmの厚さにスライスを両手に乗るくらいの量
■スライスしたベーコン…2枚
■固形ブイヨン…半分
■塩・コショウ…少々

■厚手の平鍋に4等分したベーコンを敷き、上に野菜を重ねる。
■ブイヨン、塩・コショウ少々を振り、水を鍋底5mmくらいを加え、弱火にかける
(※トマトを入れる時は、水は入れない)。
■10分後、多分完成(※鍋底に焦げ付く事があるので、時々様子をみて、危なければ水を少し足す。蒸し煮なので、水を入れすぎないように)。

【インゲンを使った温サラダのレシピ】
インゲンとパンチェッタの温サラダ(グルメレシピ.com) »
インゲンの温サラダ(クックパッド) »

【温サラダのレシピ】
温サラダのレシピ 162 品(クックパッド) »

おすすめの記事