スポンサーリンク

モニターを頼まれたメープルシュガーで創作パンを作ってみた。といっても、普通のバターロール生地の真ん中にメープルシュガーを小さじ半分入れて包んだもの。あんこの代わりに砂糖を入れただけなので、アイデアも何もないけれど、予想通りメープルシュガーが溶けて、香りと甘さを楽しめた。メープルシロップを入れるのは難しい(包む時からダラダラ)けれど、乾燥した状態ならラクラク包める。

ミルクチョコレートのブロックを包み込んで、チョコパンを作ったりもしていたなー。ピロシキを作る時も、炒めて味付けした具(挽肉+玉ねぎ)を一旦冷まして(肉の油で団子にできる)から包むと、上手に口を塞げて揚げる時に爆発しない。う、そういえば、もうずーっと長い間ピロシキを作っていないなー。冬になったら作ってみよう。

【メープルシュガーのパン】 およそ10個分

€強力粉……250g
砂糖……25g
€塩……4g
バター……35g
€卵……1コ
ドライイースト……6g
€牛乳……100cc€
■パン生地を作り、発酵させる。

■ガス抜きして、カット。

■10分のベンチタイム後、成形。

※中心を少し厚めにした円形に広げ、メープルシュガーを小さじ半分乗せて包む。

■200度に余熱したオーブンで15分焼く。

€

今回使ったメープルシュガーはクオカでも手に入ります。香りを楽しめるお砂糖、飾りにもなるお砂糖、気に入っちゃいました。

ツ黴€

強力粉は、いつも新宿三越地下のクオカから買ってくる。粉にこだわっているワケではないのだけど、クオカで沢山の種類の中から「初心者の方は……」とか書かれているのを選ぶ。産地や種類で、強力粉の特性も大きく違っていて、その説明書を読んで決めるっていうのが楽しい。ついでに買う予定もないのに、店内をウロウロ。パンや菓子作りの道具、材料がいっぱい。いちいち手にとり確かめて、感心して、棚に戻す。

子育て真っ最中の次女は、いつもネットから通販で買っているらしい。私が教えてあげた「江別製粉おやつイン」は、その後定番らしい。なんせ、粉系お菓子の万能選手。袋の裏に、卵や牛乳、砂糖……など混ぜる材料と分量が書いてあり、その通りに作ると、マドレーヌになったり、ドーナツになったり、パンケーキになったり……、かなりの種類が作れる。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

誕生日を祝う
朝ごはん ときどき お弁当

スペイン料理教室
ページ上部へ戻る