「おにぎらず」vs「にぎりイッチ」 活躍するのはどちらかしら?

スポンサーリンク

「おにぎらず」は不動の位置を確保したようで、ネットにも料理本にも情報がたくさん。「おにぎらず」は本当に素晴らしいアイデアだと思う。1つずつ握るという大変さ(リウマチの私には至難)を解消してくれただけじゃなく、おにぎりには到底入れられない具材(長いのや面積の広いの)を簡単に取り込めて、かつ断面が美しい。

おにぎりは最高に美味しい食べ物だけど、「おにぎらず」は別の意味で最高だ-。と思っていたら、「にぎりイッチ」なるモノが出現した。まだこの名称で落ち着くかは不明だけど、要するに「握ったサンドイッチ」ということ。

「おにぎらず」同様、ちょっとムリクリな感じの語感ではある。が、発案者の記事を読むと若干地味目ではあるけれど、悪くないアイデアという気がする。

しかし、“握る”というのも立派な調理法。おにぎりが握られなくなるのは、ちょっと寂しい気もする。
ならば、おにぎりと人気を二分する、サンドイッチを握ってやろうじゃないか。(「メシ通」記事より)

“おにぎらず”の真逆の存在? “にぎりイッチ”を作ってみた »

にぎりイッチこれは結構いいかもしれない。

サンドイッチは簡単なようで切ったり食べたりするのが結構難しい。上手にできたと思って包丁を入れたら、横から具がグニャーとはみ出すし、食べる時も両手で押さえるなど気も使う。

作り方はロールサンドより簡単そうだし、平たくのばせる具でなくても、というかむしろ嵩があるモノや丸いモノがより良い。可愛い姿の料理が作れる予感。

にぎりイッチならカットする必要もないし、食べる時もパクっと簡単。小さな子どもに手渡せば、片手に持ってかじりつくんじゃないかと思う。

さて、具材は何が合うかしら? 
メシ通の記事には、チーズやプチトマト、バナナなどが紹介されている。その他だと、カットしたウィンナー、ウズラの卵(茹でたら半分にカットして黄身をマヨネーズで和えてから再び合体させるとか)、丸めたポテトサラダ、カットしたチキンナゲット、エビマヨ…、う~ん、そんなにない(笑)。

やっぱり「おにぎらず」に軍配があがりそう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

誕生日を祝う
朝ごはん ときどき お弁当

スペイン料理教室

ワンプレート ランチ

  1. ワンプレート ランチ[おにぎり3兄弟&コロッケ…]
  2. タラコパスタ&ジャーマンポテト
  3. ワンプレート ランチ[肉じゃが&大根サラダ…]
  4. ワンプレート ランチ[ハンバーグ&オニオンスープ…]
  5. ワンプレート ランチ[唐揚げ&煮しめ…]
  6. ワンプレート ランチ[ざるそば&海鮮丼…]
  7. ワンプレート ランチ[チャーハン&エビチリ…]
  8. ワンプレート ランチ[マカロニグラタン&お豆のスープ…]
  9. トマトソースのパスタ&ジャガイモのガレット…
ページ上部へ戻る