燻製ゆで卵(スモッち)にもう一歩

スポンサーリンク

「スモッち」にゾッコンのこの頃の私。そんな私に、「スモッち」をプレゼントした友人が、「スモッちモドキ」を作るヒントと作成キッド(笑)をプレゼントしてくれました。漠然とあの味あの香りを自作で楽しめたらなー、と思っていたので早速挑戦。

作り方はとても簡単。塩味のゆで卵を作り、それをスモーク(燻製)する。塩味のゆで卵を作るのに少々時間がかかるけれど、スモークするのはアッという間。手間はほとんどかかりません。お金もちょっぴりしかかかりません。

■用意するモノ(私の場合)
 小ぶりの中華鍋(直径20cm)
 アルミホイル(23cm角)
 ザルまたは網(14cm=十文字の金具を外し、高さ3cmにつぶす)
 小ぶりのボール(=蓋に。19cm弱)
 スモークチップス
 ※中華鍋、小ぶりのボール、スモークチップスは100円ショップだそう。

使い古したザルこんなふうに平らに。網の代用品燻製の道具一式

■燻製ゆで卵の作り方
【1】卵を容器に入れ、丁度かぶるくらいの水を入れる。
【2】卵を取り出し、その水に食塩を加え、飽和食塩水を作る。(参考サイト
【3】好みの固さのゆで卵を作り、熱いうちに飽和食塩水に入れ、ひと晩冷蔵庫で寝かす。
【4】ゆで卵の殻をむき、25gのチップを入れた自前燻製機の網の上に並べ、点火(中火)。
【5】煙が出始めたら約3分で火を止める。

こんな感じでスモークする燻製ゆで卵の出来上がり自前燻製機を側に置いて、この記事を書いているのですが、何とも言えない香りにうっとり。

実はまだ、「これだ!」という域には達していないです。卵の塩味が物足りなかったり、スモークが弱かったり……。でも、これはかなり沢山の食材を対象に出来ると確信したので、練習に励むつもりです。今準備しているのは、豚肩ロースの燻製。いきなり燻製にする事も考えたのですが、一手間かけで塩豚の燻製(想像しただけでヨダレが出そう)を画策。対象の豚肉は冷蔵庫で熟成中です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

誕生日を祝う
朝ごはん ときどき お弁当

スペイン料理教室

ワンプレート ランチ

  1. ワンプレート ランチ[おにぎり3兄弟&コロッケ…]
  2. タラコパスタ&ジャーマンポテト
  3. ワンプレート ランチ[肉じゃが&大根サラダ…]
  4. ワンプレート ランチ[ハンバーグ&オニオンスープ…]
  5. ワンプレート ランチ[唐揚げ&煮しめ…]
  6. ワンプレート ランチ[ざるそば&海鮮丼…]
  7. ワンプレート ランチ[チャーハン&エビチリ…]
  8. ワンプレート ランチ[マカロニグラタン&お豆のスープ…]
  9. トマトソースのパスタ&ジャガイモのガレット…
ページ上部へ戻る