スポンサーリンク

子どもの頃は、日本の正しいお正月を過ごしていた気がする。暮れには、畳を上げて外に干し、床下に虫除けだか除湿剤だかの白い粉をまく。畳の下は新しい新聞紙と取り替え、夕方まで風に当てられた畳を元のように収める。そうしながらも、一方では障子紙の張り替えをし、夜にはすっかり明るく清潔な部屋となる(ような気がした)。

子どもにとっては、障子をブスブス破いても良い最良の日であったし、畳を叩いてでるホコリに笑い転げる時間でもあった。その翌日は、母が作る料理の手伝い。ぎんなんの殻をトンカチでわったり、フライの衣付けをしたり……。母は料理が苦手だったけれど、正月に迎える父の部下達のためにせっせと大量の料理を作った。当時の我が家は、正月に帰省しない独身の部下たちにおせちをふるまい、一緒に遊んで過ごす、という親戚でもあるかのような迎え方をしていたように思う。狭い家中に麻雀の卓が並べられ、順番を待つ人はその周りで囲碁や将棋をしている、そんな風景だった。後年、「ボーナスは全部料理に消えた」と母は言っていた。

料理の中で1番印象に残っているのは、チーズとハムのフライ。母はこれを最高におしゃれな料理と思っていた節があり、必ず作ったし、自慢げでもあった。なんのことはない、ハム2枚の間に、スライスしたチーズを挟み衣を付けてあげる、チーズ入りハムカツ。これをお正月用としてしか作らなかったというのが、興味深くもある。やっぱり母にとっては最も洋風、且つ、おしゃれの極みであったようだ。

元日は、お重に詰められたおせち、お雑煮、鯛の塩焼き、梅茶とお屠蘇。新しい下着と洋服を身につけ、正座した家族に父がその年最初の挨拶をする。頭をたれて聞き入り、「今年も良い年でありますよう」という言葉を合図に、一礼しお屠蘇となる。全く格式張った家ではなかったけれど、でも、1年はそんな風に始まるのだった。

けれど、私のお正月は全然違う。一人暮らしの母のため毎年お正月は帰省するので、自分の家族と自宅で正しいお正月を過ごしたことがない。お客もない、母と二人の正月は、母の好きなおせちだけ作り、姉が差し入れる黒豆を食べる。それでも母は父にならい簡単だけれど元日の朝は「今年もよろしく。よい年にしましょう」などと挨拶をする。けれど、今度のお正月は病院のベッドの上。私は何もする事がないのだけれど、やっぱり元日の朝の母の「お言葉」を聞くため帰省する。

【チーズ入りハムカツ】
■材料
ハム(出来れば四角)
スライスチーズ(カマンベールなどの方が美味しいような)
フライの材料(小麦粉・卵・パン粉)

■とにかくハム2枚の間にチーズを入れ、フライの衣をつける(だけ)。
※とろけるチーズやカマンベールの時は、隙間のないよう衣をしっかりつけましょう。

おせち料理のレシピ(ホームレシピ=キッコーマン)
KIRIN_おつまみ道場│特集「おせち料理」
お正月料理 おせち&お雑煮
お正月レシピ(ミツカン)

おせちと気軽なおもてなし―年末年始のお役立ちレシピばかり (2007年・保存版) (Gakken hit mook)いまどきのおせち―初めてでも失敗なし!の親切レシピ (Comoミニブックス)鎌倉・不識庵の精進レシピ 四季折々の祝い膳カラー版 英語でつくる和食 食の歳時記

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

誕生日を祝う
朝ごはん ときどき お弁当

スペイン料理教室

ワンプレート ランチ

  1. ワンプレート ランチ[おにぎり3兄弟&コロッケ…]
  2. タラコパスタ&ジャーマンポテト
  3. ワンプレート ランチ[肉じゃが&大根サラダ…]
  4. ワンプレート ランチ[ハンバーグ&オニオンスープ…]
  5. ワンプレート ランチ[唐揚げ&煮しめ…]
  6. ワンプレート ランチ[ざるそば&海鮮丼…]
  7. ワンプレート ランチ[チャーハン&エビチリ…]
  8. ワンプレート ランチ[マカロニグラタン&お豆のスープ…]
  9. トマトソースのパスタ&ジャガイモのガレット…
ページ上部へ戻る